5月の花|アケビ
image|アケビ
アケビは本州から九州、中国に分布する落葉性のツル植物。岡山県の沿岸部ではアケビは少なく、ミツバアケビが優勢である。 4月から5月にかけ、総状の花序を付ける。雄花・雌花ともに顎が大きく、花弁のように見える。アケビの仲間は、果実が熟すと割れて中の白い果肉が見えるようになる。その姿を「開け実」とよんでいたことが、名前の由来。
写真:川上町
植物雑学事典|アケビの紹介ページへ 花の一覧へ戻る