学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 教育学部 > 読み語りボランティア始動!9月オープンキャンパスでデビューです

次の記事へ前の記事へ


読み語りボランティア始動!9月オープンキャンパスでデビューです

2017/09/29  初等教育学科



 教育学部初等教育学科では昨年度、現2年生が中心となり「読み語りボランティア」を結成しました。来るべき読み語りデビューに備えて、現場の「読み語りのプロ」である先生をお招きしその極意を教わったり、定期的に絵本の内容解釈について読み深めたりする活動を行ってきました。そして9月24日に岡山理科大学で行われたオープンキャンパスでその成果を披露することができました。
 はじめに、披露したのは詩の群読です。「地引きあみ」は力強い漁の様子を、「おむすびころりん」では楽しい昔話の世界を、互いの声と声を響かせることで豊かに表現することができました。
【群読「おむすびころりん」を発表するメンバー】

 そして、絵本の読み語りでは、深い穴に落ちてしまった犬「ろくべえ」を救出する子どもたちの様子を効果音も取り入れながら、生き生きと読み語りました。
【絵本「ろくべえまってろよ」を読み語りするメンバー】

 場面に合わせて、声の大小やスピード、声色を変えたり、状況に合わせた効果音を工夫したりするなど、これまでの練習の成果を十分に発揮することができました。
【絵本の世界に入り込んで、音の演出をする効果音メンバー】

 これから、岡山市の保育園や小学校に出かけ、どんどん読み語りを行う予定です。いよいよ本格始動です。

次の記事へ前の記事へ