学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 生物地球学部 > 大学院生の三浦悠さんが国際シンポジウムで優秀ポスター賞を受賞

次の記事へ前の記事へ


大学院生の三浦悠さんが国際シンポジウムで優秀ポスター賞を受賞

2018/04/16  生物地球学科

 3月に開催された農業気象学会国際シンポジウム(ISAM2018)で、大橋研究室の大学院生・三浦悠さんが優秀ポスター賞を受賞しました。
 発表タイトルは「Meteorological characteristics of strong local-wind "Hijikawa-arashi" obtained from in-situ observations」で、世界的にも珍しい気象現象「肱川あらし」の風速と気圧の関係性を調べた研究でした。岩手大学の名越利幸先生グループとの共同研究で、現地で気象観測をおこなった成果です。こういった共同研究や学会発表、そして受賞のチャンスがあるというのは、学生にとっても大きな刺激になります。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス