学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 生物地球学部 > 米国地質学会(GSA)年会での院生の研究発表

次の記事へ前の記事へ


米国地質学会(GSA)年会での院生の研究発表

2017/11/08  生物地球学科

 10月22日から25日に,アメリカ合衆国シアトル市で開催されたGeological Society of America(GSA)Annual Meeting 2017にて、古生態・古環境学研究室(實吉)の大学院生2年の浅井瞳さん、本学科の西戸先生や実吉先生との共同で、ポスター発表しました。本研究は、恐竜化石を産出するゴビ砂漠の地層に含まれる石英粒子について、複数の分析手法でその鉱物特性を明らかにし、広域の層序対比を試みるとの内容です。

【写真左】ポスター発表する浅井瞳さん
【写真中】ポスター説明をする浅井さん
【写真右】GSAのポスター会場

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス