学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 総合情報学部 > 大学院生が学会でポスター発表

次の記事へ前の記事へ


大学院生が学会でポスター発表

2016/09/15  社会情報学科

総合情報研究科の大学院生の大学院生2名が学会でポスター発表を行いました。博士課程(数理・環境システム専攻)の片山浩子さんと修士課程(社会情報専攻)の朝原広喬君で、ともに森研究室の所属です。

発表を行ったのは、札幌学院大学で8月30日~9月2日に開かれた「日本行動計量学会 第44回大会」のポスターセッション(9月1日13:00~14:00)です。

B0版のポスターを掲示し、訪れた研究者の方に成果を説明したり、質問に答えたりて、研究のよい点や問題点を確認し、次に向けて内容を深めていきました。院生の2名にとって大変勉強になった学会参加でした。

(詳しいレポートはこちらです。)

************************************************************************
社会情報学科は、2017年4月に、経営学部経営学科となります。
経営学部の詳細はこちらをご覧ください。
************************************************************************

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス