学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 工学部 > 吹屋ふるさと村で研修を実施

次の記事へ前の記事へ


吹屋ふるさと村で研修を実施

2013/05/08  バイオ・応用化学科

フレッシュマンゼミ(1年次開講科目)で、4月30日に『吹屋ふるさと村(岡山県高梁市)』へ研修に行きました。吹屋の町並みを散策し、資料館では銅山とベンガラ(酸化鉄を主成分とする赤色顔料)で栄えた町の歴史を調べました。また、ベンガラ館(ベンガラ工場)ではベンガラの製造工程を学び、ベンガラの原料となる鉱石を産出した銅山の坑道も見学しました。少し肌寒い1日でしたが、化学と産業のつながりや先人の化学技術など、多くのことを学びました。
みんなとても楽しそうでした。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス