学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 工学部 > 第19回ワンデーエクササイズで最優秀賞を受賞しました

次の記事へ前の記事へ


第19回ワンデーエクササイズで最優秀賞を受賞しました

2013/01/08  建築学科

平成24年度岡山建築設計クラブ主催で実施された設計競技「第19回 ワンデーエクササイズ」(開催日2012年11月10日、会場:ライフパーク倉敷)において、建築学科の三宅悠生・茂中大毅・伍賀達哉・古賀美奈子・齋藤皐月・須谷悠希・小野善行・上西徹君(弥田研究室)の応募作品が、最優秀賞を受賞しました。(作品名:blessing of earth breathing(地球の息吹の恵み))ワンデーエクササイズは日本を代表する建築家を審査委員長に招き、「ひとづくり」「まちづくり」を大きなテーマとして、岡山県内で建築を学ぶ学生を対象として設計課題を定め、図面や模型を制作し一般公開審査を行う企画です。本年は建築家・中村拓志氏を審査委員長に、課題は倉敷市玉島町並み保存地区を敷地とし、「周辺の魅力を活かした、地域の核になる施設を自由に提案する」というものでした。大学4校・専門学校3校・工業高校1校から11の参加チームの中、最優秀賞という大変素晴らしい成果をあげることができました。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス