学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 工学部 > 第1回オープンキャンパス

次の記事へ前の記事へ


第1回オープンキャンパス

2016/07/06  機械システム工学科

「6月12日(日)に第1回オープンキャンパスが開催されました。本学科の体験イベントは、午前に関先生による「ミニ四駆を使って歯車の特性を見てみよう♪」と午後に中川による「電子顕微鏡を使って鋼(はがね)の微細組織を観察しよう!」が行われ多数参加者がありました。通常、私たちは自動車に乗っていても歯車(ギア)の働きを直接、目にすることはありません。そこで、午前のイベントでは、各自が組み立てたミニ四駆を実際にスロープの上を走らせて、歯車の歯数を変えると走行速度がどのように変わるのかを体験しました。また、鋼(はがね)は多くの機械部品(歯車など)の主要材料として使われています。午後のイベントでは、金属表面を数1000倍で観察できる走査型電子顕微鏡(SEM)を使って、鋼(はがね)にできている鉄(Fe)と炭素(C)から成る様々な組織を観察し、鋼(はがね)の強さと靱性(じんせい)について理解しました。次回の体験イベントは、8月6日(土)と7日(日)に開催されます。

(写真①)ミニ四駆を使った歯車特性の調査
(写真②)走査電子顕微鏡(SEM)を使った鋼(はがね)の組織観察



次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス