学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 工学部 > 『吹屋ふるさと村』で研修を実施−フレッシュマンゼミ

次の記事へ前の記事へ


『吹屋ふるさと村』で研修を実施−フレッシュマンゼミ

2014/05/02  バイオ・応用化学科

フレッシュマンゼミで、『吹屋ふるさと村(岡山県高梁市)』へ研修に行きました。ベンガラ(酸化鉄を主成分とする赤色顔料)で赤く塗られた吹屋の町並みを散策し、郷土館・旧片山邸(ベンガラの窯元)では銅山とベンガラで栄えた町の歴史を調べました。また、ベンガラ館(ベンガラ工場)ではベンガラの製造工程を学びました。ベンガラの原料となる鉱石を産出した銅山笹畝坑道も見学しました。好天に恵まれ、とても気持ちのいい1日でした。みんな、化学と産業のつながりや先人の技術など、多くのことを学んだことでしょう。研修レポートも提出しました。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス