学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 大山で雪合戦・お国自慢・時間割作り・友人づくり

次の記事へ前の記事へ


大山で雪合戦・お国自慢・時間割作り・友人づくり

2012/04/16  基礎理学科

新入生オリエンテーション最大イベントと言えば「大山一泊研修」です。
今年、4月5−6日にホテル大山で行われました。 
今年はまだ雪深く春まだ遠い大山周辺でした。ホテル到着は12:30頃、その後恒例のカレーライスの昼食、1時間ほどの休憩後2時30分から履修説明・時間割作りです。数学分野で学科長の山崎正之先生、チューターの伊代野先生(SA)、齋藤先生(SB)を中心にして、化学の山崎重雄先生、物理化学の森先生、地学の小林先生、山口先生が新入生に履修の方法や仕組みを説明しました。また、引率学生として参加した大学院生・4年生、3年生も各テーブルで質問に答えていました。
夕食後は恒例の「お国自慢合戦」です。沖縄に始まり、九州・四国・中国・近畿・愛知・静岡・石川・秋田そして北海道まで多彩な出身県の話題が飛び交いました。合戦の結果に従って賞品を受け取りました。
6日朝起床すると、新雪でいちめんの銀世界でした。凛とした空気が気持ち良い朝です。食事後、協議委員を選出し再び履修相談です。友人との会話も弾むようになり互いに相談しながら時間割を作成していました。
昼食後僅かですが自由時間があり、雪合戦や雪だるま作りをしたりできました。13時過ぎに大山を出発し、蒜山サービスエリアでお土産を買ったり、アイスクリームを食べたりした後、バスは岡山への帰途につきました。
帰りのバスの中、多くの新入生は熟睡していました。
みなさんお疲れ様でした。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス