学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 応用物理学科の教員が岡山県臨床工学会で講演しました

前の記事へ


応用物理学科の教員が岡山県臨床工学会で講演しました

2018/07/03  応用物理学科

 2018年6月26日(日)に岡山済生会総合病院さいゆうホールで開催された第1回岡山県臨床工学会「臨床工学を学ぶ、考える、検討する」にて、応用物理学科臨床工学専攻の堀純也 准教授が研究活動基礎セミナーとして「研究の進め方」という講演を行いました。
 講演は、岡山県内の主に中堅以上の臨床工学技士の方々を対象に行われましたが、中には臨床工学技士を目指す学生さんの姿や応用物理学科の卒業生の臨床工学技士の姿も見受けられました。
 講演の中では、研究の進め方の一般論の他に堀准教授の体験談も語られました。また、学会に参加した際には積極的に質問をして交流の輪を広げたり、時々は自分の関連業務分野以外の発表も聞いて新しいアイデアを探すことも重要であることが話されました。その話を受けてかどうか分かりませんが、その後の発表では、若手の人たちからも質問が活発に行われていました。

前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス