学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 社会人大学院生が中国腎不全研究会で発表しました

次の記事へ前の記事へ


社会人大学院生が中国腎不全研究会で発表しました

2017/11/10  応用物理学科


 2017年11月4日(土)に広島国際会議場で開催された第26回中国腎不全研究会で応用臨床工学研究室に所属する社会人大学院生の林さんが「尿素センサー UM-1の評価」という題目で発表を行いました。

 発表では、人工透析装置の排液ラインから連続的に尿素をモニタリングできる尿素センサについて、現状で分かっている課題と改良点について報告し議論しました。この尿素センサは、採血の必要が無いため、患者に苦痛を与えることなく尿素濃度を測定できるもので今後の臨床応用が期待されています。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス