学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 「化学プレゼンテーション」発表会

次の記事へ前の記事へ


「化学プレゼンテーション」発表会

2016/07/11  化学科


7月9日に「化学プレゼンテーション」の発表会が行われました。この授業は3,4人でグループを作り、サイエンスに関する事柄を図書館やインターネットで調べ、みんなの前でプレゼンテーションする授業です。特に、今年度は新しく出来たA1号館のプレゼンテーションルームで行われました。プレゼンテーションルームはプレゼンテーションすることに特化した岡山理科大学の中でも特徴的な教室の1つです。発表テーマは「腸内フローラ」や「ナノセルロース」、「バイオミメティクス」、「バイオ燃料電池」、「炭素材料」など多岐に渡りました。先生方からの質問もあり緊張している学生もいましたが、みんなの前で発表するという良い経験が出来た様です。発表終了後、皆さん晴れやかな顔をしていました。
化学科では学生が主体となる「化学プレゼンテーション」のような授業も開講しています。このような授業を通してサイエンスに関する知識はもちろんのこと、プレゼンテーションやディスカッションする技術も習得することが出来ます。また、社会人として通用する力を身に着けることができるため人気のある授業の1つです。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス