学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 野上 祐作教授 瀬戸内海環境保全功労者表彰を受賞

次の記事へ前の記事へ


野上 祐作教授 瀬戸内海環境保全功労者表彰を受賞

2013/09/10  生物化学科

9月7日に高松市で開催されました「瀬戸内海環境保全特別措置法制定40周年記念式典」において、野上 祐作教授が瀬戸内海環境保全功労者表彰(環境大臣表彰)を受賞しました。

今年は、瀬戸内海環境保全特別措置法が制定されて40周年に当たることから、これを記念して、瀬戸内海の環境保全の推進に顕著な功績のあった団体・個人が表彰されました。

野上教授は、これまで瀬戸内海の海水中に含まれる有害物質や変異原性物質に関する調査研究、児島湖とその流入河川の水質汚濁メカニズムの解明に関する研究などを長年に亘って取り組み、湖沼水質保全計画などの行政施策に深く関与した功績が認められました。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス