学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 新入生恒例のH25年度一泊研修 in 蒜山

次の記事へ前の記事へ


新入生恒例のH25年度一泊研修 in 蒜山

2013/04/10  基礎理学科

2013年4月6日~7の日程で、新入生恒例の一泊研修が行われました。出発の日は、『爆弾低気圧』に似た春の嵐が吹き荒れるあいにくの天気。 
無事出発できるのかが危ぶまれたが、全員出席で定刻出発!宿舎の国民休暇村蒜山高原に向かった。宿舎到着後すぐに昼ごはんのカレーライスを食べ、オリエンテーション開始。
一泊研修の最大の目的が1年生前後期のカリキュラム作り。初めて聞く「A群」「B群」「CD群」「履修制限」等々の言葉に何のこと?と戸惑う学生もちらほら・・・。
また9割以上の学生が教員免許取得を目指しているが、その種類が小学校、中学校、高校の理科、数学、情報と人によってさまざま。
出発の時点ではお互いの会話もたどたどしいものでしたが、帰りのころには友達同士の会話になっていました。
明日からの大学生活が楽しくなりそうですね。
これから4年間よろしくおねがいいたします。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス