学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 橘高茂治教授の最終講義

次の記事へ前の記事へ


橘高茂治教授の最終講義

2013/04/01  化学科

3月15日に今年度で退任される橘高茂治教授の最終講義が開催されました。先生は岡山理科大学創立後間もない時期より47年間にわたり研究や教育に心血を注いで来られました。最終講義のタイトルは「水と金属酸化物」でしたが,学生や若い教員が知らない昔の大学のエピソードにもお話が及び,先生の真面目なお人柄がにじみ出たご講演となりました。先生は来年度も引き続き特任教授として化学科の講義を担当されます。
化学科一同、先生がこれからも元気にご活躍なさることをお祈り申し上げます。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス