学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 応用物理学科の学生が、ハワイでの「すばる望遠鏡」での観測実習

次の記事へ前の記事へ


応用物理学科の学生が、ハワイでの「すばる望遠鏡」での観測実習

2012/12/10  応用物理学科

理学部応用物理学科物理科学専攻 2年の今井理恵子さんが、2012年10 月30日~11月5日に、ハワイ島(アメリカ)にある「すばる望遠鏡」の観測 実習に参加しました。大変、有意義な体験だったようです。

以下は、今井さん の言葉です。
「すばる観測実習では、すばる望遠鏡のMOIRCSという装置を使って遠方銀河の撮像観測を行いました。 観測を行うためのオペファイル(望遠鏡を動かすプログ ラムのようなもの)の制作や観測時のタイムスケジュールの立て方、観測した画像の解析など、すばる望遠鏡を使った天体観測の一連の流れを行い、研究者の方々の生活を体験できました。
今回の体験で天文学の知識の理解が深まった一 方、自分の進路についても深く考える きっかけとなりました。
また、一緒に観測に行った他大学の方とも仲良くなることができました。
仲良くなった皆それぞれが今後天文学の分野で活躍しようと努力しており、私も負けないようにより知識を身につけて、たくさんのことにチャレンジしていきたいと思い ました。」

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス