学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 結晶で遊ぼう!ドンドン!ガンガン!岩塩サイコロ完成!

次の記事へ前の記事へ


結晶で遊ぼう!ドンドン!ガンガン!岩塩サイコロ完成!

2012/11/17  基礎理学科

青少年のための科学の祭典2012倉敷大会が2012年11月17、18日の2日間ライフパーク倉敷科学センターで開催されました。基礎理学科からも2年生、3年生 
合わせて10名近い学生が理科大学科学ボランティアセンターを通じて参加し、科学・理科の啓蒙活動を行いました。
 テーマは「結晶で遊ぼう」というタイトルで、岩塩結晶の劈開の性質を利用しながら砕いていくと、きれいなサイコロ状の透明な岩塩を作ることができるという工作です。道具は岩塩、ハンマー、マイナスドライバーそして安全メガネです。ブースには工作用に6席ほど用意しましたが、いつも満席状態でした。そして、なんといっても会場に響き渡る「どんどん、がんがん」というハンマーの打撃音が大変心地よく、そしてきれいに現れる劈開面がその荒っぽい動作と裏腹につやつや、つるつるしているところが多くの子どもたちを魅了したようです。もちろん、作った岩塩サイコロはお持ち帰りです。
 もちろん、事前に用意したスチロール球を使った原子で作った結晶モデルで分かり易く劈開について説明しました。
 2日間にわたり、沢山の方にブースを訪れて頂きまして、ありがとうございました。また、敷田君、小林さんをはじめ基礎理学科の学生の皆さん、また他の学科の学生諸君、お疲れ様でした。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス