学科トピックス

トップ > 学科トピックス > 理学部 > 地球物質科学研究センターにて研究

次の記事へ前の記事へ


地球物質科学研究センターにて研究

2012/09/29  基礎理学科

9月26日~29日の日程で森研究室の貝原、木村、滝口君が鳥取県三朝にある岡山大学地球物質科学研究センターに行きました。この研究センターは岡山大学付属の施設ですが、大学の雰囲気は全く無く、朝から夜中 
遅くまでひたすら実験を行いました。地球物質科学を研究するセンターだけあって高温高圧状態を測定する装置がいたるところに並んでおり、実験室というよりは工場といった雰囲気の建物内には5000トンプレスをはじめとする大きな高圧プレスが並んでいました。はじめはその環境に戸惑いを感じつつも一生懸命実験をすることでだんだん慣れ、ここちよい疲労感を感じながら今回のマシンタイムを終了することが出来ました。持ち帰った合成試料は、本学にてさまざまな物性測定を行い、来月に行われる学会発表にて報告することになると思います。後期になり卒業研究も本格的になり、今後が楽しみです。

次の記事へ前の記事へ


「2011年6月以前」の学科トピックス