学科オリジナルサイトへ

研究室一覧

  • 動物生殖生理学研究室

    清水 慶子

    繁殖と外的要因の因果関係を調べる

    国内外の動物園や水族館、野生動物保護センターなどと連携。生物多様性の保全を目標に、野生動物や希少動物の繁殖生理の解明と保全繁殖技術の開発など研究を行う。

    Keyword
    生殖生理学
    詳しくはこちら
  • 動物系統分類・自然史研究室

    小林 秀司

    動物の特徴を形態学や自然史の視点から研究

    さまざまな動物の系統や進化について、形態や形成過程、生理・生態などの総合的見地から研究。また、ヌートリアやニホンジカなどの獣害問題の調査・研究も行っている。【研究力】

    Keyword
    系統分類学/自然史/獣害問題
  • 動物遺伝学研究室

    淺田 伸彦

    遺伝的変異を追究し、進化の謎に迫る

    突然変異などの遺伝的変異は、進化の原動力。ショウジョウバエやメダカを研究対象に、遺伝や進化のメカニズムの解明をめざす。

    Keyword
    動物遺伝学
  • 動物社会生態学研究室

    高崎 浩幸

    生物多様性について考察する

    類人猿のチンパンジーを主軸に、DNAに見られる個体変異を考慮しながら、さまざまな動物の生態や行動、社会について研究。

    Keyword
    動物社会学
  • 動物比較解剖学研究室

    名取 真人

    動物の身体的特徴、その進化を調べる

    脊椎動物を対象に、骨、歯、筋などの解剖学的特徴からからだのつくりを解明し、その特徴がどのように進化していったかを追究。

    Keyword
    比較解剖学
  • 動物資源学研究室

    目加田 和之

    人間社会での動物の命と役割を考える

    進化の産物としての動物の命を考え、その特徴を明らかにし、新しい価値を見いだすことにより、人間社会とのつながりを模索する。

    Keyword
    動物資源/実験動物/動物文化史
  • 動物分類学・古脊椎動物学研究室

    髙橋 亮雄

    動物相の変遷を系統分類から読み解く

    骨や歯などの形態形質を用いて、現生種および絶滅・化石種を含む脊椎動物を系統分類し、動物相の成立・変遷史の解明をめざす。

    Keyword
    古生物学/爬虫・両生類/動物系統分類学/動物地理学
  • 理科教育研究室

    岡本 弥彦

    科学的な自然観を育てる教育を追究

    自然事象に対する探究心を高め、科学的な自然観を育むため、地域教材の開発や環境学習の実践・評価などに関する研究を行う。

    Keyword
    理科教育/環境教育/ESD
  • 動物行動学研究室

    愛甲 博美

    身近な動物を幅広いテーマで研究し、ヒトと動物のより良い共生関係に貢献する。

    医学的見地による動物の病気対策、生態環境を利用した鳥類などの駆除対策などを研究。イヌ、ネコなど哺乳動物の行動観察から問題行動の解消やしつけ、訓練方法も考察する。

    Keyword
    動物行動/生態/動物医学/水銀中毒
    詳しくはこちら