学科オリジナルサイトへ

卒業生メッセージ

動物の生態に興味をもってもらえるよう、
展示やイベントを工夫して働きかけています。

在学中、研究室では水銀を吸収するNTA錯体の生体への応用をテーマに実験などに取り組みました。博物館学芸員課程の授業も履修し、「来館者にいかに学んでもらうか」といった姿勢を培い、動物園への就職を意識。倍率の高さに諦めかけていたときは先生が背中を押してくれました。現在は、子どもの体験プログラムに力を入れている周南市徳山動物園で飼育や展示、イベント企画などをしています。たとえばレッサーパンダのエサやりを見学するお客さまに「片手で物をもつことができます」とお伝えすることで、可愛らしさだけでなく生態にも注目してもらうなど、大学時代の学びをいかしています。徳山動物園は童謡「ぞうさん」のゆかりの園として、ゾウの飼育にも力を入れており、私も日ごろからトレーニングを行いゾウとの信頼関係を築いています。
01

佐藤 優里

広島県立呉三津田高校出身
周南市徳山動物園勤務(山口県)
2015年3月卒業