学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 生化学

    動物の体内に摂取された物質が、化学的、生物学的反応を繰り返しながら、組織の構築やエネルギー源となっていることを理解する。
  • 動物生殖学

    哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類など、さまざまな動物における性と生の特徴を、内分泌学的、生理学的、行動学的に学ぶ。
  • 動物社会学

    動物の社会性について、生態系内の進化の結晶としての異種間との棲み分けや、同種内での個体間の行動を通した関係としてとらえ直す。
  • 動物系統分類学

    動物の各分類群がどのような体の構造・特徴をもち、その構造・特徴が長い生命の歴史の中で、どのように進化してきたかを把握する。
  • 動物遺伝学

    メンデルの法則に始まる古典遺伝学と、近年の分子遺伝学を理解するために基礎知識を整理し、生命現象としての遺伝の大筋をつかむ。
  • 実験動物学

    食品、化粧品など、ヒトの生活に動物が果たしている役割を理解するとともに、動物を扱う上での倫理観について理解する。
  • 動物比較解剖学

    脊椎動物は体の基本構造を変化させることで、さまざまな環境に適応する。その基本構造パターンを学ぶほか、進化の道筋を概観する。
  • 動物保全・育種学

    生物多様性(生態系、種、遺伝子)保全の基本的な意義・重要性について、生物学的・社会学的側面から概観し、それぞれの関わりを理解する。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目
  • 動物誌Ⅰ・Ⅱ
  • 動物生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎環境科学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物比較解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物機能解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物遺伝学Ⅰ・Ⅱ
  • 情報リテラシー
  • パソコン演習
  • 動物と人間Ⅰ・Ⅱ
  • 進化動物学Ⅰ・Ⅱ
  • 統計学
  • 地史・古生物学
  • 微生物学Ⅰ・Ⅱ
  • 生化学Ⅰ・Ⅱ
 
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目
  • 環境考古学
  • 細胞遺伝学
  • 植物系統分類学
  • 環境地球化学
  • 動物環境学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物行動学Ⅰ・Ⅱ
  • 生態学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物発生学
  • 動物保全学Ⅰ・Ⅱ
  • 自然人類学Ⅰ・Ⅱ
  • 脊椎動物学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 比較免疫学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物生理・生化学実習
  • 動物遺伝学実習
  • 動物発生学実習
  • 野外調査実習
  • 動物解剖学実習
  • 植生学
  • 環境と情報
  • 応用統計学
  • 環境地質学
  • 環境科学
  • 昆虫学
  • 寄生動物学Ⅰ・Ⅱ
  • 実験動物学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物関連法規Ⅰ・Ⅱ
  • 動物生殖学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物資源育種学
  • 動物社会学Ⅰ・Ⅱ
  • 人類生態学Ⅰ・Ⅱ
  • 集団遺伝学Ⅰ・Ⅱ
  • 動物病理学
  • 動物学ゼミナール
  • 動物実験・検査学実習
  • 動物保全・育種学実習
教員養成プロジェクト科目  
  • 教養基礎演習
  • 教職のための物理
  • 野外実践指導実習Ⅱ
  • 理科教材開発指導
  • 授業実践演習
  • 教職のための化学
  • 教職のための生物
  • 教職のための地学
専門関連科目
  • 数学Ⅰ・Ⅱ
  • 化学基礎論Ⅰ・Ⅱ
  • 物理学基礎論Ⅰ
  • 地学基礎論Ⅰ・Ⅱ
  • 化学基礎実験
  • 物理学基礎実験
  • 地学基礎実験
  • 物理学基礎論Ⅱ
 
入門科目
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門化学
  • 入門生物
   

動物遺伝学実習

担当教員淺田 伸彦

観察や実験の方法論を習得する

生物の共通性と多様性を研究するにあたり、遺伝学的・生化学的手法で、観察や実験を進める力を培います。たとえばキイロショウジョウバエを用いて、タンパク質の精製方法やDNAの性質を追究。実験方法とともに得られた成果の解釈や表現、報告する手法についても学びます。

動物遺伝学実習

地史・古生物学Ⅰ・Ⅱ

担当教員髙橋 亮雄

日本の古脊椎動物や動物相の成立史を学ぶ

化石の研究から解明できる過去の動物相や絶滅イベントなど、自然史系の博物館で取り上げられている日本の古脊椎動物と、地史や動物地理を概観。現生動物の分布や化石動物の産地、年代などを学び、「古生物の不思議」や「生物進化の謎」などの博物館展示に対する理解を深めます。(写真:オオヤマリクガメの頭骨化石)

オオヤマリクガメの頭骨化石

履修モデル

解剖や野外調査などの実習で豊富に学び、動物に関する専門知識を身につけ、実践力を高める。「脊椎動物学」や「自然人類学」といった、専門性の高い科目が多くなる。

例1)2年次春1

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【赤字】外国語教育科目
  • 【茶字】教養教育科目
  • 【青字】教養教育科目
  • 【橙字】教養教育科目
                               
  MON TUE WED THU FRI
1時限 動物発生学 博物館資料保存論 動物発生学博物館資料保存論 学校経営
2時限 動物環境学Ⅰ 自然人類学Ⅰ 生態学Ⅰ 脊椎動物学Ⅰ  
3時限 理科教育法Ⅰ 英会話Ⅰ 地学基礎論Ⅰ 科学英語  
4時限 微生物Ⅰ 野外調査実習 地学基礎実験(a) 企業情報特論 動物解剖学実習
5時限    

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

動物に関連した応用力を高める授業・実習が充実する。また、博物館や動物園などを卒業後の進路に見据え、博物館学芸員や教職の関連科目を履修する人も多い。

例2)3年次春1

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【赤字】外国語教育科目
  • 【茶字】教養教育科目
  • 【青字】教養教育科目
  • 【橙字】教養教育科目
                      
  MON TUE WED THU FRI
1時限   動物資源育種学 実験動物学Ⅰ 動物資源育種学  
2時限 環境科学 集団遺伝学Ⅰ 動物病理学   動物病理学
3時限   特別活動の理論と方法 寄生動物学Ⅰ 動物社会学Ⅰ 動物学ゼミナールⅠ
4時限 博物館実習a   動物実験・検査学実習    
5時限      

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

  • ページトップへ