学科オリジナルサイトへ
05
我が国の家庭では、イヌやネコだけでも飼育総数が2,000万頭を超えるようになり、動物がますます身近な存在となっています。しかし、その一方では、ニホンカワウソが絶滅したり、激増したシカやイノシシが田畑や山林を荒らすなど、人間社会と野生動物との摩擦は増加するばかりです。本学科がめざしているのは、人間社会と動物のより良い未来関係の構築です。そのために行動学、生態学、解剖学など、動物学の基礎を幅広く学び、動物資源学や動物生殖学、保全育種学、動物倫理など応用分野も習得。各種の実習などの体験を通して「人と動物の未来」を築くため、実践力のある人材の育成に努めています。

動物学科 3つのポイント

POINT.1
生態学、行動学、遺伝学など、幅広い視野で動物にアプローチ
POINT.2
希少動物の保全や鳥獣害対策も学べるカリキュラム
POINT.3
必修は卒業研究のみ。興味を大切にしながら、自由に学べる

4年間の学びの流れ

1年次

動物学の基礎や生命倫理などを幅広く学ぶ

解剖や生理、遺伝といった動物に関する基礎科目はもちろん、動物を理解・研究する上で必須の化学や地学、パソコンの使い方などを学びます。高校で生物、化学、物理、数学を履修していなかった人のために各分野の入門科目も開講されます。
2年次

さまざまな実習で実践力を磨く

生化学などの専門科目に加え、野外調査実習や動物発生学実習などの実習科目で動物の研究方法について実践。こうした科目を学ぶことで、野外での調査研究を中心とするか、飼育研究を中心に取り組むか、3年次以降に学ぶ方向性について考えます。
3年次

応用科目とゼミで分析・判断力を養成

動物生殖学、動物関連法規、寄生動物学、実験動物学といった応用的な科目を学ぶことで、人の社会と動物がどのような関係をもっているのかを理解します。秋学期からは各分野の研究室に仮分属となり、卒業研究の下準備を始めます。
4年次

自分で選択した分野で動物を究める

卒業研究は、解剖学的な構造といった基礎的なものから、生態解明をめざしたフィールド研究や、人に役立つ動物の特徴を発見するための研究などさまざま。研究対象となる動物も、哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫など、多岐にわたります。