学科オリジナルサイトへ
中等国語コース
本コースの特徴は「国語科教育のどの分野でも対応可能な国語教員のオールラウンダーの養成」にあります。現代文、古文、漢文といった国語科教育の全領域を幅広く学び、効果的に教える手法を習得。一つの分野だけを専門的に学ぶのとは違う、守備範囲の広さ、汎用性の高さを身につけます。また「現代人とことば」「比較言語文化論」など、英語教育コースとの共通科目を複数開講。英語と日本語の関係性の中で「国語」を「言語」として大きな視点で捉えることのできる教員を養成。さらに教育ボランティアなどの体験活動を通して、アクティブな国語教員の育成をめざします。

中等教育学科国語教育コース
3つ
のポイント

POINT.1
国語科教育の全領域をカバーするカリキュラム
POINT.2
英語との相対化により「言語としての国語」を認識する
POINT.3
体験型授業を通してコミュニケーション力を高める

4年間の学びの流れ

1年次

言語に対する分析的な視点を形成する

日本語学、日本文学、漢文学の学びを通して「読む、書く、話す力」を養成。言語に対する分析的視点を形成します。必修科目「探究ゼミⅠ」では、学生自身が自発的に活動することで知識と経験の一体化を図り、共感能力の向上を図ります。
2年次

日本語の総合力を高め、日本語検定に挑む

国語の研究を通して文字、語彙、文法、修辞といった日本語の総合力を高め、また話す、書くといった表現技法を磨いたうえで日本語検定2級の合格をめざします。模擬授業を体験し、日本語のスペシャリストとして実践的な言葉の力を高めます。
3年次

日本語の力を高め、指導力の向上をめざす

日本語学、日本文学、漢文学の教材作成力を高めると同時に、英語との比較を通して日本語の独自性を理解。徹底した読み書きの訓練やディベートを通して読解、作文、スピーチといった日本語の運用能力を高め、指導力の向上をめざします。
4年次

4年間の総仕上げとして、卒業研究を進める

中学校や高等学校での教育実習を実施。研究室に所属し、4年間の総仕上げとして、それぞれの研究テーマに基づき卒業研究を進めて論文を執筆します。同時に教員採用試験をはじめとする、就職に向けた取り組みも進めます。