学科オリジナルサイトへ
%e5%88%9d%e7%ad%89
これからの小学校教員に必要とされるのは「理科を教える力」と、「ICT(情報コミュニケーション技術)」を使いこなして効果的に授業をする力です。小学校教員は本来、全教科を一人で担当しますが、理科を苦手とする先生が増えています。本学科では「探究ゼミ」をはじめとするプロジェクト型授業の充実を図り、学生自らが学びを深めることによって「理科教育力」と「ICTを活用した教育力」を伸ばします。さらに学外のさまざまな人々と触れ合う「教育ボランティア」などの実習を通してコミュニケーション力を高め、現場で活躍し続けられる小学校教育のエキスパートを育成します。

初等教育学科 3つのポイント

POINT.1
「探究ゼミ」など体験型授業で、学生自らが学びを深める
POINT.2
理科の指導やICT活用など、現代に必要な教育力を養成
POINT.3
ボランティアなどで多様なコミュニケーション力を鍛える

4年間の学びの流れ

1年次

各教科の内容論など基礎を習得

学校現場での経験が豊かな教員から、全教科の内容論のほか、教育心理や教育課程などの基礎を学びます。「探究ゼミⅠ」では学生自身が「問い」を設定し、自ら「解」を導き出すプロセスを経験。課題意識をもち、最適解を見出す力を養います。
2年次

模擬授業や科学ボランティアなどを実践

各教科の特性に応じた指導法を学び、指導力の向上を図ります。教材分析力、教材開発力を習得したうえで模擬授業を実践。さらに科学ボランティア、教育ボランティアなどで指導を体験しながら、理科実験や観察を指導するスキルの獲得をめざします。
3年次

年次に合ったテーマで「探究ゼミ」に臨む

「探究ゼミⅢ」では、2年間積み上げた学びをいかし、社会や教育の在り方、将来の生き方といった3年次にふさわしいテーマで探究する姿勢を培います。またフィールド観察や実技教科の指導力を養成。小学校での教育実習に臨みます。
4年次

研究室に所属し、教育の多様な課題に取り組む

学生自身の知的関心に沿った研究室に所属。それぞれのテーマについて教員から指導を受けながら卒業研究を進めて論文を執筆し、4年間の総仕上げとして発表します。同時に、教員採用試験をはじめとする、就職に向けた取り組みも進めます。