学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 機械工学

    自動車産業をはじめとした、ほとんどの製造業で必要とされる機械工学技術の基礎原理と応用を体系的に学ぶ。まず、この分野の4つの柱となる熱力学、機械力学、流体力学、材料力学を基礎として、生産工学や機械設計などの「ものづくり」に直結する技術や、開発に必要な技術計算能力、設計に必要な製図能力を身につける。さらに技術者に必要不可欠な科学技術倫理についても学び考え、社会に貢献できる有為な技術者の能力と心を養う。
  • 航空・宇宙工学

    機械工学の重要な応用分野のひとつである航空・宇宙分野における最先端技術の一端を学ぶ。機械工学の基礎技術を身につけた上で、航空機やロケットまわりの高速空気力学、ジェットエンジンやロケットエンジンの動作原理、航空機の運動力学のほか、宇宙ロボットについても学ぶ。ここで学習する内容と技術は、直接的には航空・宇宙分野に関連するものであるが、総合的にはすべての製造業に通じる基本的な考え方を学ぶ。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【赤字】必修科目

                      
    1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通
  • 微分と積分
  • 線形代数
  • 確率と統計
  • 微分方程式
  • 物理学Ⅰ
  • 物理学Ⅱ
  • 物理学実験
  • 力学Ⅰ
  • 力学Ⅱ
  • 数学基礎
  • 力学基礎
  • フーリエ解析
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目 共通
  • コンピュータ基礎
  • 機械製図Ⅰ・Ⅱ
  • 計測工学
  • 機械工学セミナー
  •                    
  • 加工学Ⅰ
  • 機械材料
  • 情報リテラシー
  • 加工学実習
  • 材料力学Ⅰ
  • 材料力学Ⅱ
  • マテリアルサイエンスⅠ
  • マテリアルサイエンスⅡ
  • 熱力学Ⅰ・Ⅱ
  • 流体力学Ⅰ・Ⅱ
  • 機械力学Ⅰ・Ⅱ
  • 自動制御Ⅰ
  • 機械要素Ⅰ・Ⅱ
  • 加工学Ⅱ
  • 数値計算
  • 機械工学実験Ⅰ
  • 機械工学実験Ⅱ
  • 熱と流れ
  •                       
  • 企業情報特論
  • 機械設計学
  • 精密加工学
  •                       
  • 自動制御Ⅱ
機械(ME)
コース
 
  • メカトロニクス
  • CAEⅠ
  • 創造PBLⅠ
  • 機械のデザイン
  • エネルギー工学
  •                       
  • CAD/CAM
  • 弾塑性力学の基礎
航空・宇宙
(AS)コース
 
  • CAEⅡ
  • 創造PBLⅡ
  • 構造強度
  • 推進エンジン
  • 高速空気力学
  • ロボット工学
高等機械
システム(MS)
コース
 
  • 上記2つのコースの科目すべてから選択
  • 上記2つのコースの科目すべてから選択

機械工学実験 Ⅰ・Ⅱ

担当教員田中 雅次

各専門分野の物理現象を実験で理解

機械システム工学の基礎的な物理現象を、実験装置や計測機器を用い、実験、計測、観察します。4系列の専門分野それぞれについて実施。歯車の効率やロボットの姿勢制御といった実験に取り組みます。講義で学んだ理論や知識の妥当性を検証するとともに、実験データの分析力を養います。

機械工学実験 Ⅰ・Ⅱ

創造PBL Ⅰ・Ⅱ

担当教員吉田 浩治、關 正憲 他

紙製飛行機と移動ロボットをつくる実習

学んできた専門知識や技術を応用し、設計・製作の実践を体験。ものづくりの創造的能力や、機械システム技術者としてのデザイン能力などを養成します。春学期は移動ロボット、秋学期は紙製飛行機を製作し、競技会を実施。作品のまとめ、発表、討議で、表現能力やプレゼンテーション技術も習得します。

創造PBL Ⅰ・Ⅱ

履修モデル

例 1) 2年次春1

  • 1年次に学んだ物理学や数学の基礎知識を土台に、機械システム工学で大切な4分野である「材料」「設計・生産」「エネルギー」「計測・制御」の専門知識をバランス良く学ぶ。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
            
      MON TUE WED THU FRI
    1時限    機械力学Ⅰ 自動制御Ⅰ 自動制御Ⅰ
    2時限 マテリアルサイエンスⅠ 機械力学Ⅰ 健康の科学 マテリアルサイエンスⅠ 流体力学Ⅰ
    3時限 技術マネジメント メカトロニクス 総合英語Ⅲ 加工学実習  
    4時限 流体力学Ⅰ 生涯スポーツ    
    5時限          

    例 2) 3年次春1

  • 学んできた機械システム工学の4分野に関する専門知識をさらに深めるとともに、「機械工学実験」や「創造PBL」の授業を通して、実際のものづくりについても学ぶ。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
            
      MON TUE WED THU FRI
    1時限  自動制御Ⅱ     熱と流れ
    2時限 機械設計学 熱と流れ エネルギー工学 機械設計学 エネルギー工学
    3時限 創造PBLⅠ 機械工学実験Ⅰ CAEⅠ 専門英語Ⅰ 自動制御Ⅱ
    4時限   企業と人間  
    5時限      

    ※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

    • ページトップへ