学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
現在の産業社会では、十分な基礎力と応用力を身につけ、個々の製品のはやりすたりに影響されず、末永く活躍できる機械システムエンジニアが求められています。そのためには機械工学の基礎となる学問の習得、製品やシステムを設計できる実践力、コンピュータの利用技術が必須となります。本学科は、こうした力を培った上で、創造力あふれ、人と自然に優しいエンジニアを育成します。また本学科の高等機械システム(MS)コースの教育内容は、JABEEにより世界基準による認定を受けており、コース修了者は「世界に通用する技術者」として公的な認証が与えられます。

機械システム工学科
3つのポイント

POINT.1
機械システムのプロとして末永く活躍できる人材を育成
POINT.2
航空機と宇宙関連技術が学べる航空・宇宙コース
POINT.3
JABEE認定のコース修了で能力が世界に認証される
機械(ME)コース
あらゆる機械に共通する基本原理を学び、社会の要請に応えうる人材を育成します。自動車、電機をはじめ各分野の製造業に柔軟に対応できる機械システムエンジニアをめざします。
航空・宇宙(AS)コース
航空機・ロケットなどの飛行・動作原理について、空気力学や制御工学などを基礎に学び、航空機関連製造業などにも対応できる機械システムエンジニアの育成をめざします。
高等機械システム(MS)
コース
JABEE認定のカリキュラムによりMEとAS両コースの専門科目を横断的に学習。「世界に通用する技術者」として、公的な認証が得られます。また、本コース修了生は技術士資格取得に必要な一次試験が免除されます。

※2年次より希望・成績に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

数学、物理、CADなど機械工学の基礎を学ぶ

機械工学の基礎となる数学の「微分と積分」「確率と統計」や、物理学の「物理学実験」「力学」などを学び、さらにコンピュータを活用した機械製図「CAD」の技術を身につけます。「機械工学セミナー」では、機械工学の全体像を理解します。
2年次〜3年次

専門知識の原点を理解する

機械(ME)、航空・宇宙(AS)、高等機械システム(MS)の各コースに用意された専門科目を学びます。また全コース共通で4系列の専門領域「設計・生産システム」「エネルギーシステム」「材料システム」「計測・制御システム」の専門科目、実習がメインの「加工学実習」「機械工学実験」を学び、専門知識の原点を理解。さらに「創造PBL」や技術者の倫理について考える科目の履修で、社会に貢献できる技術者のスピリットを養い、卒業研究のテーマに向けた準備もしていきます。
4年次

4系列の専門分野から研究室を選択

各自の希望する研究室に配属され、1年間その専門分野に焦点を絞った卒業研究を行います。各自が自主的に研究計画を立て、工学上の課題を自分たちで解決することにより、エンジニアとしての能力を高めていきます。