学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • マーケティングと戦略

    マーケティングを中心とする組織、会計、消費者行動といった経営学の基礎から、近年注目されているサービス、アジアの産業まで、社会に出てからも役立つ知識とノウハウを身につける。3年次のイノベーション・ラボでは、ビジネスの現場が抱える実際の問題に触れ、社会人や教員とともに具体的な解決方法を模索し、実践していく。
  • データサイエンスと情報活用

    理系大学の強みをいかし、基礎的な情報処理スキルの習得だけでなく、データ解析や社会調査法など高度な数量的・計量的分析方法や考え方について学ぶ。従来の文系経営学部にはない科学的アプローチを身につけることのできる授業が充実。卒業とともに取得可能な社会調査士をはじめとする情報系資格に必要となる科目を学ぶ。
  • 制度と文化

    ジャーナリズム、法律、政治、心理、文化、歴史といった多彩な科目から、ビジネスや企業と密接な社会の仕組みを学び、経営に関わる深い洞察力を養う。制度や文化について興味・関心のある人は、卒業研究でより深く研究することも可能。現代社会の幅広い内容を取り扱うため、公務員をめざす人にとっても役立つ。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【赤字】必修科目

    1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 基礎Ⅰ類
  • 経営学基礎
  • 商学基礎
  • 経済学基礎
  • 簿記基礎
 
  • 卒業研究Ⅰ
  • 卒業研究Ⅱ
基礎Ⅱ類
  • 社会学基礎
  • 法学基礎
  • 歴史学基礎
  • 心理学基礎
 
基礎Ⅲ類
  • 情報科学基礎
  • データ解析基礎
 
専門教育科目 マーケティングと戦略
  • マーケティング論
  • 小売マーケティング
  • 企業論
  • ベンチャービジネス論
  • ミクロ経済学
  • マーケティング戦略
  • サービスマーケティング
  • サービス経営学
  • サービス社会システム
  • 商品開発論
  • 消費者行動
  • マーケティング・コミュニケーション
  • まちづくりと商業
  • 経営戦略
  • 経営組織
  • ファイナンシャルプランニング
  • ファイナンス戦略
  • 簿記原理
  • マクロ経済学
  • アジアの産業と市場
  • 国際経済論
  • 国際マーケティング
  • マーケティング・リサーチ
  • 観光ビジネス
  • 人的資源管理
  • 金融サービス
  • 財務諸表論
  • リスクマネジメント
データサイエンスと情報活用
  • 情報リテラシー
  • 社会調査入門
  • 社会調査法
  • データ解析システム
  • 行動計量学
  • 経営情報
  • 経営科学
  • プログラミング基礎
  • 応用プログラミング
  • データサイエンス演習
  • 経営システム
制度と文化
(社会と制度)
  • コミュニケーション論
  • 市民生活と法
  • 公共政策
  • 現代のメディア
  • 社会心理学
  • 国際社会と法
  • 経済政策
  • 国際政治学
  • ジャーナリズム論
  • 現代哲学
  • 社会福祉と法
  • 環境政策
制度と文化
(歴史と文化)
  • 地域と伝統
  • 中国の歴史
  • 世界地誌
  • 地理学
  • 日本の歴史
  • 東南アジアの歴史
  • 歴史資料解析
  • 民俗学
  • アジアの考古学
  • 現代論理学
  • 比較文化論
実践型ビジネス・
プログラム
英語・ICT・
キャリア
  • 実践キャリア学Ⅰ
  • 実践キャリア学Ⅱ
  • ビジネス英会話Ⅰ
  • ビジネス英会話Ⅱ
 
演習科目 基礎演習・ラボ
演習・専門演習
  • 基礎教養ゼミナール
  • プロジェクト研究
  • イノベーション・ラボⅠ
  • イノベーション・ラボⅡ

マーケティング論

担当教員大藪 亮

実際の事例からマーケティングを学ぶ

マーケティング分野の基礎的科目。実際の事例を取り上げて「なぜあの商品がヒットしたのだろう?」「どのような広告が消費者を惹きつけるのだろう?」などと洞察を深め、教員と学生が一緒に検証していきます。またマーケティングの現場で活躍する企業人をゲストスピーカーとして招き、実際のビジネス体験談を参考に学びます。

イノベーション・ラボ Ⅰ・Ⅱ

担当教員ラボ担当教員

ビジネス現場が抱える課題を知り、解決をめざす

連携企業や組織などのマーケティング担当者を外部から招き、その企業や組織が実際に抱える課題について、企業人・学生・教員がグループに分かれ、協力しながら解決をめざします。解決手法はもちろんのこと、社会人に必須なマナーやチームで取り組む姿勢も習得。刺激的なビジネス現場を体験できる授業です。

時間割例

例1)2年次春2

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【赤字】外国語教育科目

「マーケティングと戦略」領域を中心に理論の習得をめざす。社会で必須といえるデータ分析の手法やビジネス英会話のほか、経営環境の理解に必要な文化や制度について学ぶ。

  MON TUE WED THU FRI
1時限     まちづくりと商業   データ解析システム
2時限 総合英語Ⅲ 東南アジアの歴史 サービスマーケティング   中国語Ⅰ
3時限 サービスマーケティング 消費者行動   東南アジアの歴史 まちづくりと商業
4時限   ビジネス英会話Ⅰ   消費者行動  
5時限          

例2)3年次春1

理論と実践を結びつける演習科目「イノベーション・ラボ」を履修。社会で必要な考え方やスキルを学び、チームで取り組む力の獲得をめざす。キャリアビジョンの考察も行う。

  MON TUE WED THU FRI
1時限   国際マーケティング      
2時限   観光ビジネス   国際マーケティング データサイエンス実習
3時限 マーケティング・リサーチ   マーケティング・リサーチ    
4時限 比較文化論   比較文化論 観光ビジネス イノベーション・ラボⅠ
5時限          

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。