学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
発生から伝達、収集、蓄積、処理に至るまで、情報を工学的に扱い、携帯電話をはじめ、コンピュータ、情報システム、通信、ネットワークの技術を学びます。情報技術を利用する幅広い企業で活躍できる「情報技術(IT)コース」、情報システムを設計・実現する技術者をめざす「コンピュータエンジニアリング(CE)コース」から選択。CEコースは、JABEEにより世界標準と認められた技術者教育プログラムで、情報システム系技術者としての高度なスキルの習得が望めます。両コースとも、コンピュータの設計や開発、家電機器の設計・製造などで活躍できる人材を育成します。

情報工学科 3つのポイント

POINT.1
ハード、ソフト、ネットワークの3本柱を学び、多彩な角度から知識を深める
POINT.2
パソコン130台の実習室ほか充実した設備で快適に学べる
POINT.3
JABEE認定のCEコースは世界が認める講義水準
情報技術(IT)コース
情報技術に関連するさまざまな科目から選択して学びます。必修の基礎科目「情報数学」などに加え、自分の目標や興味に沿った科目を選択します。
コンピュータエンジニアリング(CE)コース
JABEE認定コースです。「コンピュータシステム」「コンピュータ応用」「情報通信」の3分野に加えて、技術者倫理やコミュニケーション力にわたる均整のとれた教育により、情報システムの設計や実現に関わる技術者に必要な能力を養成します。

※2年次より希望・成績に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

情報工学を学ぶ楽しさを、体験を通して発見

学科独自の入門科目を数多く用意。コンピュータの専門用語や使い方などの基礎から、プログラミングによるロボットの制御といった未知の領域まで体験できます。ロボットを使った導入科目「情報工学フロンティア」は特に発見の多い体験ができる授業です。
2年次

ITコース、CEコースのいずれかを選択

2コースに分かれて履修します。情報技術を利用する幅広い企業で活躍できる「情報技術(IT)コース」、情報システムを設計・実現する技術者をめざす「コンピュータエンジニアリング(CE)コース」のいずれかを選択し、より専門的に学びます。
3年次

1〜2年次で学んだ基礎を実践

2年次に選択した各コースの基礎が応用へと移行。研究室配属説明会も行われ、将来を視野に入れて学びます。また2コース共通科目の「情報工学実験」「情報処理実験」「エンジニアリングデザイン実習」により、情報工学の実践的な技術を、実験を通して身につけます。
4年次

研究室に所属し、未来の新技術を追究

情報工学分野には、発展途上の技術や解決すべき問題がたくさんあります。研究室の方向性に基づいて興味のあるテーマを選び、教員の指導のもとで卒業研究を進めます。4年間の総仕上げとして、研究成果をまとめた卒業論文を作成、発表します。