学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
「ものづくりをやりたい!」という声に最大限応えるコース。1年次から3年次までは、工学部各学科の枠を越えて興味のある授業が履修でき、さらに「ものづくり」を主体としたプロジェクト科目によって単位を取得できます。定員20名に対して指導教員15名という手厚い指導で3年間での着実な成長を支援。3年次までに興味のある課題(プロジェクト)を見つけ、学科の枠を越えて研究室を選択し、4年次には選んだ課題を深く研究できます。興味のある方向を中心に学びつつも、工学全般の幅広い視野と知識が自然に身につくように工夫されたカリキュラムです。

本コースの教育プログラムが経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」に選ばれました!

工学プロジェクトコース
3つのポイント

POINT.1
工学部全学科の科目から興味のある分野を勉強できる
POINT.2
1年次から「ものづくり」を豊富に経験して単位修得が可能
POINT.3
卒業研究は学科の枠を越えて選択が可能

4年間の学びの流れ

1年次

1年次から、ものづくり演習がスタート

春学期もしくは秋学期の半期で完結する入門的なものづくりプロジェクト「工学プロジェクトセミナーⅠ・Ⅱ」で、工学系の基礎知識やものづくりの流れを学び、基本的なものづくりの技術やつくり上げる達成感、ものづくりの手順を身につけます。
2年次

グループによる、ものづくりを実践

「プロジェクトⅠ」において、グループによる本格的なものづくりプロジェクトがスタート。また2・3年次に開講する「プロジェクトマネジメントⅠ・Ⅱ」では、プロジェクトを進めるために必要となる管理、計画、実施方法などの知識を学びます。
3年次

プロジェクトに必須のプレゼン能力などを習得

「プロジェクトⅢ・Ⅳ」においては実践力の習得だけでなく、コミュニケーション能力、チームメンバー間の調整力などを培います。また製作の狙いやアイデアのポイント、評価などについて発表する場では、プレゼンテーション能力を身につけます。
4年次

希望する分野の卒業研究に取り組む

3年間の学びを通して自分の進むべき方向を見定め、希望する分野の卒業研究に取り組みます。卒業研究ではプロジェクトの課題よりもさらに高度な課題にチャレンジ。社会で必要とされるデザイン能力や問題解決能力などを習得します。