学科オリジナルサイトへ

卒業生メッセージ

電子工学を軸に、多彩な分野の知識を蓄積。
災害時の電気供給を支え、問題解決にあたります。

企業での勤務など、経験豊富な先生方から実践的に学べるのが電気電子システム学科の魅力。研究室で参画していた岡山県内の大学共同プロジェクトにて、モータではなく磁力を使って空気を送る携帯型ポンプのシステム開発に参加しました。県内の各分野から研究者が多数集まる中、機械設計学や流体力学といったさまざまな分野に触れられたこと、全体を見渡して進行や方向性を同調させる重要性を感じたことが現在の仕事にいきています。雷などの災害により事故が発生した際、送電線を切り離すシステムや、その事故点を特定したりするシステムの開発が私の仕事。今後の電力システム改革による課題を乗り越え、一層の電力安定供給、作業員の安全確保といった役割をまっとうしていきたいと考えています。
卒業生

柴山 恵司

兵庫県立八鹿高校出身
電源開発株式会社勤務(東京都)
2001年3月卒業 2007年3月博士課程修了