学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
電気自動車、太陽光による自家発電など、21世紀はクリーンエネルギーの時代です。本学科では新しいエネルギー技術を学び、開発に取り組む技術者を育成。幅広い知識を習得できるようデバイスやコンピュータ技術など4コースを設け、さらにコース外の受講も可能なシステムにより、興味や必要性に応えます。電気電子システム関連は、膨大な雇用が期待される分野。社会の基盤となる分野だけに、多くの卒業生が企業で活躍しています。また研究意欲の旺盛な学生は大学院へ進学。研究成果を生み出し国内外で高い評価を得たり、大企業で新製品を開発したりするなど大いに活躍しています。

電気電子システム学科
3つのポイント

POINT.1
第1種電気主任技術者の認定校のため国家試験が免除される
POINT.2
専門性の高い4コースがありコース外の科目も学べる
POINT.3
ものづくりに重点をおいた導入科目を用意している
電気エネルギーコース
太陽光や風力などの新エネルギーを利用した分散型発電システム、電気自動車、ロボットなどに代表される電気・制御システム分野の学習と研究に取り組みます。
電子デバイスコース
集積回路、光素子、レーザー素子などに代表される電子デバイス分野の学習と研究に取り組みます。ナノテクノロジー、光ファイバー、マイクロ波などが研究対象です。
コンピュータ・情報コース
画像処理システム、信号処理システム、通信システムに代表される電子情報システム分野の学習と研究に取り組みます。半導体集積回路なども研究対象です。
複合領域コース
電気電子システム学科の専門科目と、学科の枠を越えた工学部の他学科専門科目について幅広く履修できます。複合した専門領域における教育が受けられます。

※3年次より希望に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

電気電子工学に馴染むための導入に触れる

「FEELプログラム」や「情報リテラシー」など、電気電子工学に親しむための導入科目に加え、高年次に配置された専門科目を習得するための基礎科目として、数学、物理学、回路系、情報系の講義や実習を履修します。
2年次

3年次のコース選択に向けて専門科目を履修

「電気電子工学基礎実験」「電気電子工学実験Ⅰ」などを通して、電気電子工学の幅広い分野を学びながら、3年次のコース選択に向けて各コースの専門科目も少しずつ履修します。学びながら「自分探し」をする重要な時期でもあります。
3年次

4つのコースから選択。より専門性を高める

「電気エネルギーコース」「電子デバイスコース」「コンピュータ・情報コース」「複合領域コース」に分かれ、各コースの専門科目と「電気電子工学実験Ⅱ」を学びます。分野を絞って専門的に学習しながら、他コース専門科目の履修も可能です。
4年次

指導教員がマンツーマンで卒業研究を指導

各コースの研究室に所属。指導教員が各分野のテーマに基づきマンツーマンで実施する卒業研究を通して、より高度な専門知識とともに、技術者・研究者として必要なコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身につけます。