学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 臨床検査医学

    臨床検査とは医師または歯科医師の指示のもとに、微生物学的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図検査、脳波検査といったさまざまな検査を実施し、診断や治療の基礎となるデータを導き出すこと。そうした検査の成り立ちをはじめ、概要、法的規制、業務範囲、意義など基本事項とともに、臨床検査を実施する上で必要となる知識と技術を学ぶ。
  • 生命科学

    生命科学とは、ヒトを主体とした生物の生命活動に関する学問分野。分子生物学、分子遺伝学、生化学、栄養学、医学、薬学などが含まれる。本学科では、このように広範囲の科学分野を少しでも多く学べるようにと、さまざまな専門分野の教員をそろえ、勉強する環境を整備。「命」を科学的に理解することをめざす。
  • 食科学

    糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、脳血管障害、悪性腫瘍など生活習慣病との関連が指摘されている「食」。食品に含まれる成分そのものと、その成分がからだにどのような影響を及ぼすかについて研究をする。特に、食品に含まれるからだに良い成分とされる機能性物質をピックアップし、人の体内で起こるさまざまな反応について探る。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【青字】選択必修科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通
  • 一般化学
  • 一般生物学
  • 分析化学
  • 生物有機化学
  • 生物化学Ⅰ
  • 生物化学Ⅱ
  • 情報リテラシー
  • 生物無機化学
 
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ(基礎医科学コース)
  • 特別研究(臨床科学コース)
  • 臨床検査総論実習Ⅱ(臨床科学コース)
  • 臨床生理学実習Ⅱ(臨床科学コース)
  • 臨床化学実習Ⅱ(臨床科学コース)
  • 臨床血液学実習Ⅱ(臨床科学コース)
  • 臨床免疫学実習Ⅱ(臨床科学コース)
  •     
  • 医療安全管理学実習(臨床科学コース)
専門基礎科目 共通
  • 基礎栄養学
  • 食品学総論
  • 医学概論
  • パソコン演習
  •                  
  • 基礎分子生物学
 
専門科目 共通  
  • 機器分析法
  • 解剖学
  • 生体情報学
  • 病理学Ⅰ
  • 病原微生物学
  • 臨床検査総論Ⅰ
  • 臨床検査総論Ⅱ
  • 臨床生理学Ⅰ
  • 臨床血液学Ⅰ
  • 臨床血液学Ⅱ
  • 免疫学
  • 食薬学
  • 生理活性物質化学
  • 食品機能学
  • 健康管理概論
  • フードマネージメント論
  • 検査機器論
  • 医用工学概論
  • 病理学Ⅱ
  • 臨床生理学Ⅱ
  • 生物化学的分析法
  • 臨床化学
  • 臨床免疫学
  • 医動物学
  • 放射線生物学
  • 医療安全管理学
基礎医科学コース    
基礎医科学実験 基礎医科学コース  
臨床科学実験 臨床科学コース  
  • 解剖学実習
専門関連科目 共通
  • 数学Ⅰ
  • 数学Ⅱ
  • 物理学基礎実験
  • 化学基礎実験
  • 生物学基礎実験
  • 地学基礎論Ⅰ
  • 地学基礎論Ⅱ
  • 地学基礎実験
  • 物理学基礎論Ⅰ
  • 物理学基礎論Ⅱ
 
入門科目 共通
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門化学
  • 入門生物
   
教員養成プロジェクト関連科目  
  • 教職基礎演習
  • 教職のための物理
  • 野外実践指導実習Ⅱ
  • 理科教材開発指導
  • 授業実践演習
  • 教職のための化学
  • 教職のための地学
  • 教職のための生物

免疫学

担当教員櫃本 泰雄

医学の基礎となる免疫への理解を深める

人体を病気から守る免疫は、骨髄、胸腺、脾臓、リンパ節、扁桃、血管、皮膚、腸管などの各器官や組織から構成されています。病原微生物を排除したり悪性新生物(がん)の発生を阻止する液性免疫や細胞性免疫を中心に免疫系の仕組みを学び、生物進化における免疫系の意義についても考察します。

免疫学

食薬学

担当教員松浦 信康

人間のからだに役立つ食の機能を解明

野菜や果物などから摂取でき、治療や健康補助などに役立つとされる植物二次代謝産物について、栄養学的見地から学びます。「食」と「薬」の共通点と相違点を明らかにし、特性と利用法を習得。また今注目されている食のもつ三次機能「体調調節、疾病予防、老化防止」などについて理解を深めます。

食薬学

履修モデル

基礎医科学コースのモデル。基礎医学を身につけ、理学的な思考力と生命科学を学習。研究活動の際、参考論文の講読に必要な英語力や、基本的な実験技術を養う。

例1)2年次秋2

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【赤字】外国語教育科目
  • 【茶字】教養教育科目
  • 【青字】教養教育科目
                     
  MON TUE WED THU FRI
1時限   病原微生物学 臨床検査総論Ⅱ 臨床検査総論Ⅱ 病原微生物学
2時限 生体情報学 免疫学 生体情報学 科学英語Ⅱ 免疫学
3時限 臨床生理学Ⅰ 生物化学実験Ⅱ   臨床生理学Ⅰ 生物化学実験Ⅱ
4時限      
5時限      

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

臨床科学コースのモデル。講義ばかりではなく、臨床検査医学に関する実習科目も充実。生体情報を総合的に判断できる力を習得する。

例2)3年次春1

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【赤字】外国語教育科目
  • 【茶字】教養教育科目
  • 【青字】教養教育科目
                                
  MON TUE WED THU FRI
1時限 病理学Ⅱ 臨床生理学Ⅱ 病理学実習臨床生物化学実習 臨床生理学Ⅱ
2時限 臨床免疫学 病理学Ⅱ 臨床免疫学
3時限 臨床生物化学実習Ⅱ 科学英語Ⅲ 臨床血液学実習Ⅰ 医動物学実習 科学英語Ⅲ
4時限    
5時限      

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

  • ページトップへ