学科オリジナルサイトへ
06
最先端の医療開発には、生命科学に関する幅広い知識と、臨床医学・基礎医学に対する深い理解が必要です。本学科では理学的なアプローチで生命科学に取り組むと同時に、「臨床科学コース」「基礎医科学コース」の2コースで医学的知識や技術を習得します。生命現象の真理を探究し、広い視野と高度な専門性、問題解決能力を備えたバランスのとれた人材の育成をめざします。臨床検査技師※や食品衛生管理者、食品衛生監視員、社会福祉主事などの資格が取得可能で、医療や医薬品、食品系のスペシャリストとして社会で活躍できるようバックアップしていきます。

臨床生命科学科 3つのポイント

POINT.1
基礎医学に関する幅広い知識と技術を習得
POINT.2
臨床検査技師などの資格を取得。医療や福祉の分野で活躍
POINT.3
医学における食の重要性を学び食品衛生管理のプロをめざす
臨床科学コース
臨床生理学、臨床免疫学など臨床医学について深く学びます。生体情報を収集・解析し、総合的に判断できるスペシャリスト、臨床検査技師の資格取得をめざします。
基礎医科学コース
基礎科学など一般的な教養を身につけ、理学的な思考力と生命科学・基礎医学に関する研究力を養います。基礎医学的知識に精通し、医療や医薬品、食品に関連した幅広い領域で活躍できる人材の育成をめざします。

※2年次より希望・成績に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

自然科学の基礎について学ぶ

自然科学のベースとなる「一般生物学」「一般化学」「生物化学」などを学びます。またコース選択の準備段階として、将来の方向性を明確にするため「医学概論」と「基礎分子生物学」を履修します。
2年次

めざす方向性や資格に応じてコースを選択

臨床検査医学を学ぶ「臨床科学コース」、基礎医学の視点から生命の仕組みについて学ぶ「基礎医科学コース」に分かれます。幅広く基礎医学の知識を有する人材を育てるため、実験・実習以外の科目はコースに関係なく履修が可能です。
3年次

各種資格の取得を目的とした科目が開講

両コースとも臨床検査医学や臨床栄養学、食品安全衛生学などの専門科目を学びながら、各コース専用の実験・実習科目を履修し、専門性を深めます。特に実験・実習科目は、資格の取得に必要な知識と技術を修得できる内容になっています。
4年次

研究や実習を通して社会で活躍できる力を習得

「臨床科学コース」、「基礎医科学コース」ともに全員が卒業研究に取り組みます。実験技術を身につけ、問題解決能力やプレゼンテーション能力を培います。「臨床科学コース」では、5週間の病院実習を行い、臨床検査技師の実務と役割を学びます。