学科オリジナルサイトへ

研究室一覧

  • 生物無機・植物生理研究室

    尾堂 順一、猪口 雅彦

    医療の進歩に役立つ金属錯体などの働きや、 植物が環境に適応するメカニズムを解明。

    生命維持に不可欠な酵素と同じ働きをする金属錯体の研究に取り組む。病気の診断・予防や環境浄化に役立つ金属錯体の開発をめざすほか、優れた性質をもつ植物をバイオ技術で培養する方法も探る。【研究力】

    Keyword
    金属錯体/植物バイオ
    詳しくはこちら
  • 天然物活性構造化学研究室

    林 謙一郎、福井 康祐

    生理活性物質の働く仕組みを解明する

    生物の生命維持に大切なホルモンに注目。植物や動物のホルモンや生理活性物質について化学構造を研究するほか、その働く仕組みを分子のレベルで明らかにして、医薬や農薬などの開発につなげる。

    Keyword
    天然物/植物/生理活性/ホルモン
  • 細胞生化学研究室

    南 善子、森田 理日斗

    タンパク質の働きを遺伝子レベルで解析

    細胞の中で生命を支えている分子の一種、タンパク質に注目。タンパク質は生体を構成する主要成分の1つであることから、ある種のタンパク質が細胞内でどのような働きをするか解析する。

    Keyword
    タンパク質/遺伝子/細胞
  • 天然物合成化学研究室

    大平 進、窪木 厚人

    生命維持に必要な生理活性物質を研究

    生物が生命を維持するために必要な有機化合物「天然生理活性物質」を、フラスコの中で効率的に合成する研究に取り組む。微生物を使った新しい物質変換法も開発している。

    Keyword
    生理活性物質/化学合成/酵素反応
  • 環境生物化学研究室

    汪 達紘、宮永 政光

    環境物質による健康影響を研究

    環境物質が生体にどのような健康影響を引き起こすのかを解明するとともに、その予防策を探る。また、有機汚濁が著しい児島湖などを調査して汚濁の理由を解明し、対策を検討する。

    Keyword
    水環境/残留性有機汚染物質/生体影響評価/予防
  • 分子遺伝学研究室

    池田 正五、河野 真二

    DNAの仕組みを解明し、医療にいかす

    活性酸素などによって傷ついたDNAが修復される仕組みや、転写・複製・修復時におけるクロマチン動態の制御機構を解析している。病気や老化の原因解明、治療・診断への応用に役立てる研究にもいかす。

    Keyword
    遺伝子の傷/DNAの修復/クロマチン構造
  • 応用微生物学研究室

    三井 亮司

    微生物のもつ無限の可能性を探り、医療、食料、化粧品などの分野に利用する。

    微生物やその酵素を用いた有用物質の生産法を開発し、エネルギー、医療などさまざまな分野に役立てている。また微生物と植物の新たな共生関係を考察し、農業分野にも挑戦。

    Keyword
    微生物/発酵/バイオマス
    詳しくはこちら