学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
現代社会が抱える生命、食糧、環境といった諸問題を解決するためには、バイオサイエンス&バイオテクノロジーの知識と技術が不可欠です。本学科では、理学、工学、農学、医学、薬学など幅広い分野を関連・融合させた、新しい学問領域を学びます。まずは生物学と化学を2本柱とし、両学問の基礎を習得することにより、生命現象の本質的な理解と応用技術の開発をめざします。さらに遺伝子組換え、機能性食品、新薬開発、環境対策などの諸分野について学び、社会で力を発揮できる人材を育成。そうした中で自然と調和し、生命の尊厳を大切にする人間性を培います。

生物化学科 3つのポイント

POINT.1
生物学と化学を2本柱とした、基礎知識と応用技術の習得
POINT.2
生物化学の知識と技術で生命現象の理解をめざす
POINT.3
生命、食糧、環境などの各分野で活躍できる力を養う

4年間の学びの流れ

1年次

復習や入門編で基礎を身につける

高校の生物学や化学で学んだ内容を復習するために「生物学概論」や「化学概論」を開講。基礎をしっかりと固めるために入門編も用意しています。「バイオテクノロジー概論」「生物化学」「分析化学」などの基礎知識を習得して2年次の学びにつなげます。
2年次

生物学と化学に関する専門科目を数多く開講

生物学であれば「細胞生物学」「微生物学」、化学であれば「有機化学」など、必修の専門科目が開講。生物の遺伝の仕組みや、遺伝をつかさどるDNAの構造など、生物学と化学の両面から、生物の仕組みを理解していきます。
3年次

1~2年次での学びを土台に、実験に取り組む

これまでに学習した知識をもとに、食品成分の分析、遺伝子組換え、医薬品合成などの実験に取り組みます。実験を通して、生物化学に関連した実験手法を習得。また興味に合わせて専門性を深められるよう、多彩な選択科目を開講しています。
4年次

研究を通してプレゼンテーション能力も向上

生物学、化学、環境科学にまで至る幅広い7つの研究室から選択し、卒業研究に取り組みます。テーマをもって実験に取り組むことにより、より高度な実験理論や技術を習得。また研究発表会などにより、プレゼンテーション能力も身につけます。