学科オリジナルサイトへ

卒業生メッセージ

がんばっている友人たちの影響で理科教員の道へ。
分かりやすい授業づくりや、声がけに励みます。

理科を幅広く学びたくて基礎理学科に進学。印象に残っている授業は野外実習です。水の成分を調べてどこから流れてきたのかを検証し、フィールドワークの楽しさに目覚めました。理科の教員をめざしたのは、同じ学科の友人たちも目標にしてがんばっていたからです。模擬授業をしてみると、知識以上に伝え方が重要だと実感。先生からは、理科実験の際、薬品の誤使用による危険を回避することや、緊急時の対処法まで教わりました。学生同士で面接しあう機会も多く、違う観点を学びあえたことが収穫でした。現在は地元の中学校で、2年生の担任と理科の教員をしています。心がけているのは、生徒へのこまめな声がけ。分かりやすいように授業内容を工夫して、生徒の理解度を高めたいです。
04

狩俣 雄太

沖縄県立宮古高校出身
宮古島市立北中学校勤務(沖縄県)
2015年3月卒業