学科オリジナルサイトへ

研究室一覧

  • 半導体物理学研究室

    米田 稔

    亜鉛や硫黄など自然に優しい物質を使った 新しい半導体の基礎物性を探る。

    半導体が構成元素や構成比、原子配置によって優れた機能を発現する点に着目。光学特性、電気伝導性、磁気特性などの基礎研究を通して、新しい機能をもつ半導体の開発に取り組む。

    Keyword
    半導体/エネルギー/薄膜/量子
    詳しくはこちら
  • 量子科学研究室

    金子 敏明

    量子力学でクラスターイオンによる電子励起を解析

    高速化した荷電粒子あるいはその塊(クラスター)が金属などを通過した時、電子にエネルギーや運動量を与える現象について理論的に研究している。

    Keyword
    クラスターイオン/量子力学/電子励起
  • 放射線物理学研究室

    中川 幸子

    未知の物質をつくる技術のベースを築く

    放射線が物質中でどのような現象を引き起こすかについて、原子物理、原子核物理、電磁気学、量子力学などを用いて明らかにする。

    Keyword
    原子物理/放射線/ナノサイエンス
  • 地球惑星科学研究室

    蜷川 清隆

    隕石や鉱物から太陽系の歴史を探る

    物質が吸収したエネルギーを光として放出する現象である熱ルミネッセンスやカソードルミネッセンス法を用いて、隕石や地球上の鉱物を調査。太陽系の歴史を追究する。

    Keyword
    ルミネッセンス/隕石/ラドン
  • 原子核理論研究室

    宮川 和也

    原子核をテーマに宇宙の謎を探る

    国際共同研究に参画し、Λ,Σなどの粒子を含む「ハイパー原子核」の構造や性質について理論計算に取り組む。K中間子と原子核との相互作用について研究している。

    Keyword
    原子核/素粒子/宇宙
  • 地球環境研究室

    豊田 新

    年代測定法を用いて地球環境の歴史を解明

    電子スピン共鳴など物性的な手法を用い、地球環境の歴史を解明する方法を追究するほか、放射線事故における被曝線量を計測する。

    Keyword
    電子スピン共鳴/年代測定/環境変動
  • 機能性分子固体研究室

    山本 薫

    特殊な強誘電体の性質を研究し、高機能な電子素材を開発する。

    有機伝導体から、電子の結晶化によって分極する新しい強誘電体を探索。非線形光学測定などの手法を用いて、その特性の解明や新機能の開拓を行い、次世代の電子素材を開発する。

    Keyword
    電子物性/光物性/強誘電体/有機電導体
    詳しくはこちら