学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 力学

    ニュートン力学の基礎原理を学習し、力学が物理学全般にどのように応用されているかを学ぶ。
  • 宇宙物理

    宇宙科学、相対論、原子核物理を通して、大気と惑星間空間、惑星、恒星、銀河系、それぞれに起こるさまざまな現象を理解する。
  • 物性物理学

    物質は、超低温・超高温・高圧等の環境、構成元素比でその性質が大きく変わる。超伝導体、半導体、金属材料など電気的・磁気的特性を学ぶ。
  • 量子力学

    物質には粒子性と波動性が備わっている。これを統一的に理解するために、確率波としての波動力学である量子力学を学ぶ。
  • 電気磁気

    電気および磁気に関わる現象を理解するために、物理数学や微分積分学を活用して、電場や磁場に関わる物理法則を学ぶ。
  • 粒子線物理

    荷電粒子(イオン)が物質中を通過した際のエネルギーの付与や放射線(α線、β線、γ線)が物質に与える影響などを学ぶ。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【青字】選択必修科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目
  • 物理学入門
  • 質点の力学Ⅰ
  • 質点の力学Ⅱ
  • 微分積分学Ⅰ
  • 微分積分学Ⅱ
  • 線形代数学
  • 応用数学
  • 基礎電磁気学Ⅰ
  • 基礎電磁気学Ⅱ
  • コンピュータ入門Ⅰ
  • コンピュータ入門Ⅱ
  • 医学概論・公衆衛生学
  • 解剖学
  • 医用工学概論
   
専門科目  
  • 情報処理工学
  • 機械工学
  • 電子工学Ⅰ
  • 電子工学Ⅱ
  • 電気工学概論
  • システム工学
  • 物性工学
  • 応用電磁気学
  • プログラミング
  • 物理数学Ⅰ
  • 物理数学Ⅱ
  • ベクトル解析・解析力学
  • 剛体の力学
  • 量子力学の基礎
  • 熱力学
  • 熱統計物理
  • 材料工学
  • 計測工学
  • 量子力学Ⅰ
  • 量子力学Ⅱ
  • 放射線物理
  • 物性物理Ⅰ
  •                       
  • 物性物理Ⅱ
  • 応用物性
  • 宇宙科学Ⅰ
  •                       
  • 宇宙科学Ⅱ
  • 素粒子・原子核物理
実験・演習
専門関連科目
  • 化学基礎論Ⅰ
  • 化学基礎論Ⅱ
  • 化学基礎実験
  • 生物学基礎論Ⅰ
  • 生物学基礎論Ⅱ
  • 生物学基礎実験
  • 地学基礎論Ⅰ
  • 地学基礎論Ⅱ
  • 地学基礎実験
   
入門科目
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門化学
  • 入門生物
   
教員養成プロジェクト
関連科目
 
  • 教職基礎演習
  • 教職のための物理
  • 野外実践指導実習Ⅱ
  • 理科教材開発指導
  • 授業実践演習
  • 教職のための化学
  • 教職のための地学
  • 教職のための生物

質点の力学 Ⅰ

担当教員蜷川 清隆

力学を学び、物理学の観点から現象を捉える

力学は、物体や機械の運動、またそれらに働く力や相互作用を考察する学問。その基本的な考え方を養うとともに、空間、時間、質量など物理学の観点から現象を捉える力を身につけます。なかでも等加速度運動、落体の運動、等速円運動などを理解することを目標にしています。

質点の力学 Ⅰ

線形代数学

担当教員宮川 和也、大熊 一正

物理学で多用される数学の基礎を習得

物理学を学ぶためには、数学の基礎が重要。なかでもベクトル、行列といった線形代数学は多用されています。そこで、1~2年次の力学や電磁気学で登場する数式を理解するために必要な、線形代数学の基礎を習得。授業内容を深く理解できるように、講義で1~2回学んだ後、演習に取り組みます。

線形代数学

履修モデル

例 1) 2年次春1

  • 原子や分子など、ミクロ系がしめす現象の基本物理法則を「量子力学の基礎」などから学習。マクロ物質もミクロ系の集団であり、量子力学の効果が重要なことを「熱統計物理」で学ぶ。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
            
      MON TUE WED THU FRI
    1時限電気工学概論 システム工学   熱統計物理  
    2時限   物性工学 量子力学の基礎   物理数学Ⅱ
    3時限 電子工学Ⅱ     科学英語Ⅱ  
    4時限 機械工学        
    5時限          

    例 2) 3年次春1

  • ミクロ系の物理法則について、「量子力学Ⅰ」などで理解を深める。身のまわりに存在するさまざまな固体物質の性質が電子やイオンの波動であることを「物性物理」で学ぶ。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
            
      MON TUE WED THU FRI
    1時限    物性物理Ⅰ   国際関係論
    2時限       量子力学Ⅰ 文学
    3時限   応用物理学実験   計測工学  
    4時限 放射線物理      
    5時限          

    ※カリキュラムは年度により変更になることがあります。