学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
コンピュータや光通信、ナノテクノロジーなど科学技術の発展には物理学が大きく貢献しています。最先端技術に携わる工学スペシャリストや研究開発者にも、幅広い物理学の基礎知識と素養が欠かせません。本専攻では物理学の基礎を習得し、多方面に応用できる力を養います。超伝導、センサ、電子材料、素粒子、宇宙など、幅広いテーマを内包するカリキュラムを充実させ「物理科学」「宇宙科学」「ナノサイエンス」の3コースを用意。技術革新の時代を柔軟に切りひらける人材、次世代をリードする新しい技術を見出せる人材の育成をめざします。

応用物理学科 物理科学専攻
3つのポイント

POINT.1
天文・宇宙、素粒子、ナノサイエンスなど、先端科学に必須の分野を学ぶ
POINT.2
先生と意見を交わしやすいよう少人数制で自由な研究環境
POINT.3
習熟度別クラス編成や教員資格取得の面接指導など、きめ細かい教育サポート
理論物理コース
次世代のがん治療法として重粒子線の利用が注目されています。その飛躍的進歩をめざし、複数原子で構成されたクラスターの粒子線応用について理論的に研究。素粒子物理では、原子核の成り立ちをテーマに、宇宙の謎にまで迫る理論研究を行います。
宇宙科学コース
隕石の熱変成、衝突変成などの研究を通して、宇宙に発生するさまざまな現象のメカニズムとその歴史を明らかにします。また地球環境変動の年代的研究、環境変動が引き起こす表層物質の移動について、物理的手法を用いて研究します。
ナノサイエンスコース
10億分の1メートルという微小世界や、無数の原子集団が織りなす物理学を追究。半導体量子ドットや機能性分子結晶を作製・合成し、これらを舞台に発現する不思議な現象を、顕微分光法や独自の微弱電気測定計などで測定し、メカニズムを明らかにします。

※2年次よりチューターとの面談によってコース選択のアドバイスを行います

4年間の学びの流れ

1年次

数学、力学、電磁気学など物理学の基礎を習得

大学での学びをスムーズにするため、数学、物理学、生物学、化学においては、高校での学びを復習する入門編を用意。また数学や力学、電磁気学などの基礎科目では、高校の履修状況に応じて「ゆっくりコース(基礎)」と「ふつうコース(上級)」に分かれます。
2年次〜3年次

コースを選択し、興味のある専門科目を学ぶ

2年次に「物理科学コース」「宇宙科学コース」「ナノサイエンスコース」のいずれかを選択。各コースの特色に応じて、物理数学、熱統計物理、量子力学といった物理学や、情報処理、電子・電気関連、半導体、計測制御といった工学・情報の専門科目を学びます。また学生一人ひとりの目標に応じて学べるよう、必修科目が少なく、選択科目が中心なので、興味関心のある分野について深く追究できます。さらに、知識を実学にいかすため「電気・電子工学実験」、「応用物理学実験」といった実験科目も学びます。
4年次

研究室で特別研究(卒業研究)に取り組む

物理学の基礎研究や、物性系、計測系といった応用研究を行うゼミに所属。少人数だから先生に直接疑問をぶつけやすく、討論することによって、自らの思考を発展させることができます。研究成果を学会などで発表する機会もあります。