学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 応用化学

    有機合成、創薬、伝導材料など、産業や生活に密接し、地球温暖化や化学物質による汚染などの環境問題の解決にも関わる先端技術を学ぶ。 生活に役立ち、生活を豊かにするための実験や研究を重ね、また、物質を構成する分子を解析してその本質を知り、新しい物質を生み出す研究に取り組む。
  • バイオテクノロジー

    微生物、培養細胞、タンパク質、酵素などをテーマに、生活に役立つ生化学技術や遺伝子操作などのバイオテクノロジーを学ぶ。 生物の生化学反応や、その機能を工業的に応用する技術を身につけ、遺伝子組換え、細胞融合、酵素を扱う技術を養う。 新品種育成、環境浄化、資源の効率的な利用などの分野で幅広く活躍できる力を養う。
  • アクアバイオ

    実習を通して水産技術、水産化学について学ぶ。 海の魚やサンゴなど水圏の生物に関して広く知識を身につけ、食料問題の解決など社会に貢献できる力を養う。 淡水魚と海水魚の混泳が可能な好適環境水を用いて、熱帯魚、大型魚などの養殖に最適なフィッシュプラントをつくり上げる技術を学ぶ。
  • コスメティックサイエンス

    化学を基本とした化粧品の原料、素材、製剤技術、さらに皮膚や毛髪の生理機能などを理解し、化粧品の研究、開発のベースを学ぶ。 また、化粧品の歴史や定義なども学びながら、材料学、薬学、生理学などを理解するプロセスで、食品、薬品など化粧品以外の分野でも役立つ知識が得られる。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【青字】選択必修科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通
  • 基礎化学
  • 基礎化学演習Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎化学実験
  • フレッシュマンゼミ
  • 情報リテラシー
  • パソコン演習
  • 基礎有機化学
  • 物理学Ⅰ・Ⅱ
  • 統計学
  • 地学基礎論Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎物理学実験
 
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
  • バイオ・応用化学ゼミナール
専門科目 共通
  • 物理化学Ⅰ・Ⅱ
  • 化学工学Ⅰ・Ⅱ
  • 有機化学Ⅰ・Ⅱ
  • 無機化学Ⅰ・Ⅱ
  • 生化学Ⅰ
  • 生化学Ⅱ
  • 工業分析化学
  • 水圏生物学
  • 応用酵素学
応用化学
コース
   
  • ナノサイエンス
  • 反応工学
  • セラミックス概論
  • 創薬化学
  • センサー工学
バイオ
テクノロジー
コース
   
アクアバイオ
コース
   
コスメティック
サイエンス
コース
 
  • 化粧品概論
専門関連科目 共通
  • 工業デザイン
上級科目 共通  
  • 上級数学Ⅰ・Ⅱ
 
入門科目 共通
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門生物
   

数値実験とプレゼンテーション技法

担当教員平野 博之

将来に有効なプレゼンテクニックを学ぶ

コンピュータを用いて、理論式から実験結果の予測などを学び、得られた結果を発表します。 科学実験の結果はエクセルなどを使ったコンピュータ処理をすることが多く、データを駆使して内容を簡単に分かりやすく発表するプレゼンテクニックを学べば、就職活動でのアピールにも有効です。

数値実験とプレゼンテーション技法

創薬化学

担当教員折田 明浩

有機化学の基礎的な反応や考え方を学ぶ

応用化学コース専門科目のひとつ。 「良い薬を効率良く創る」ことを目標に、生理活性物質の探索方法や大量合成をめざした有機合成プロセスの開発について学習します。 また、逆合成解析など創薬に欠かせない「分子の合成設計図」の作成法の習得をめざします。

創薬化学

履修モデル

コスメティックサイエンスコースの学びを中心にしたモデル。「化粧品の皮膚科学と安全学」や「創薬化学」など、化粧品の研究開発や製剤学を中心に学ぶ。

例1)3年次秋1

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【茶字】教養教育科目
                                                
  MON TUE WED THU FRI
1時限 創薬化学 発酵生産と機能性食品   ナノサイエンス化粧品の皮膚科学と安全学
2時限 化粧品の皮膚科学と安全学 インターンシップ概論 創薬化学   発酵生産と機能性食品
3時限   バイオ・応用 化学実験Ⅲ バイオ・応用 化学実験Ⅲ    
4時限 ナノサイエンス    
5時限      

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

アクアバイオコースの学びに特化したモデル。好適環境水を用いた研究を見据え、「創薬化学」や「ナノサイエンス」など、魚のこと以外にも幅広い分野の知識を習得する。

例2)3年次秋1

  • 【緑字】専門教育科目
  • 【茶字】教養教育科目
                                            
  MON TUE WED THU FRI
1時限 創薬化学   魚類飼育論 ナノサイエンス 
2時限   水槽設計論 創薬化学    
3時限 魚類飼育論 バイオ・応用化学実験Ⅲ バイオ・応用化学実験Ⅲ  水槽設計論
4時限 ナノサイエンス    
5時限      

※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

  • ページトップへ