学科オリジナルサイトへ
08
物質を構成する分子などを解き明かす化学。 生物の生体機能を利用して遺伝子組換えや発酵などに取り組むバイオテクノロジー。 この2つのカテゴリーの理解を深め、アクア、コスメティックといった環境や生活にいかすことのできる化学についても学びます。 基礎化学、生物学などでの実験は1・2年次にカリキュラムに盛り込まれ、テーマとなるのは水の分析や微生物や細胞など。 DNA解析装置、遺伝子組換え実験室など最新の実験・研究設備が揃い、電子顕微鏡、質量分析装置などの機器も充実しています。 医薬品、食品、化粧品、環境などの研究や製造業で活躍できる人材を育成します。

バイオ・応用化学科
3つのポイント

POINT.1
化学とバイオテクノロジーを基礎から応用まで徹底指導
POINT.2
アクアやコスメティックなど4コースから専門分野を選択
POINT.3
高校での習熟度に配慮して基礎カリキュラムを実施
応用化学コース
産業や生活に直接役立つ化学技術や応用化学の最先端研究を通して、エレクトロニクス関連材料、環境調和型物質生産などについて学び、メーカーなどへの就職をめざします。
バイオテクノロジーコース
分子生物学や遺伝子工学を学び、バイオテクノロジーを利用した医薬品・生理活性物質などの物質生産や環境浄化について研究。化学系メーカーや医薬品関連企業への就職をめざします。
アクアバイオコース
海水に依存せず、好適環境水を利用した水槽をつくり、魚を養殖するという独自技術を学びます。食料危機がささやかれる現代社会の課題解決をめざします。
コスメティック
サイエンスコース
化学を基本とした化粧品関連の原料、化粧品と密接に関連している皮膚についても学びます。化粧品業界はもちろん、食品、薬品業界に就職するのにも役立ちます。

 

4年間の学びの流れ

1年次

習熟度別、少人数制で基礎から学ぶ

高校で化学や生物を選択していなかった人も、それを考慮したクラス編成および少人数制により、化学や生物学の基礎を身につけることができます。「フレッシュマンゼミ」では、少人数のグループに分かれて研究室をまわり、多くの教員と交流を図ります。
2年次

選択するコースを意識して専門科目を履修

応用化学とバイオテクノロジーに共通する専門科目を学びます。将来選択するコースを想定し、関連する科目を選択して履修します。専門分野の基礎となる知識と技術を身につけます。
3年次

4コースの専門分野を自由に学ぶ

「応用化学」「バイオテクノロジー」「アクアバイオ」「コスメティックサイエンス」の4コースの専門科目の中から興味のある科目を選択し、履修します。「バイオ・応用化学実験」では、コース間の連携などについても学びます。
4年次

自ら考え、研究を企画・実行する力を養う

全学生が研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。細胞バイオテクノロジー、アクアバイオなどの生物系に加え、ナノテクノロジー、ニューセラミックスなどの化学系とテーマはさまざま。技術者や研究者の卵として、大いに鍛えられるのが特徴です。