学科オリジナルサイトへ

卒業生メッセージ

大学で超伝導現象が起こる複合合金を研究。
真空装置や金属実験の知識が現在の仕事にいきています。

オープンキャンパスで実験の装置や設備を体験したのが志望の決め手でした。大学での実験は本格的です。リニアモーターカーなどにも応用される超伝導現象を自分の手で起こせたことが印象に残り、研究室選びにつながりました。卒業研究のテーマは、超伝導現象が起こる複合合金をつくり出すこと。現在の仕事では金属のサビ、汚れなどを防ぐ表面処理があり、大学で培った実験の経験が役立っています。また、メンテナンスを担当している真空装置は、大学でよく使っていたことから装置に対する知識もいきています。先生によく言われたのは「諦めないこと」。真空装置は携帯電話やパソコンなど、主要産業に欠かせない装置ですから、安定して稼働するように粘り強く取り組んでいきたいです。
卒業生

土谷 徳紀

岡山県立高梁高校出身
アルバックテクノ株式会社勤務(神奈川県)
2013年3月卒業 2015年3月修士課程修了