学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • バイオ・薬品化学

    生物のからだは、主に炭素、水素、酸素、窒素、リン、硫黄などの元素を中心とした有機物質からできている。これら有機物質の構造や性質、反応性、合成の基礎について学ぶ。また、新しい機能をもつ生体関連物質などを合成し、それらの構造や性質、反応性についても調査・研究。学びに基づき、生活に役立つ物質の創造をめざす。
  • 環境・分析化学

    大気、河川、土壌といった環境試料に含まれている環境汚染物質やその分布を調査し、環境汚染物質が移動する様子や、生態系および気象に与える影響について調査・研究する。なかでも有害物質については、その濃度を明らかにする方法について研究。また環境保全に用いることのできる新機能性物質の開発もめざす。
  • エネルギー化学

    環境破壊、食料不足など、人類が直面しているすべての課題には、エネルギー問題が関わっている。そのためエネルギーを持続的に確保できるよう、化学の力で解決する方法を探る。加えてエネルギーを有効に利用する方法、効率の良いエネルギー変換、新しいタイプのエネルギーの開発など、さまざまな角度から研究を進める。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【青字】選択必修科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目
  • 分析化学実験
  • 無機化学実験
  • 有機化学実験
  • 物理化学実験
  • 卒業研究Ⅰ
  •                       
  • 卒業研究Ⅱ
専門科目 共通
                          
  • コンピュータ入門
  • 情報リテラシー
  • 化学プレゼンテーション
  • 特別講義
  • 量子化学
  • 安全化学
  • 化学トピックス
  • ポリマーの化学
  •                       
  • 放射線化学
バイオ有機
薬品コース
 
  • バイオ有機化学
  • 薬品合成化学
  • 有機分析化学
  • ポリマーの化学
  • 有機反応化学
環境分析
コース
 
  • 機器分析化学
  • 化学環境論
  • 環境分析化学Ⅰ
  • 環境分析化学Ⅱ
  • 鑑識の化学
新エネルギー
コース
 
  • 結晶の化学
  • エネルギーの化学
  • 放射線化学
  • 固体化学
  • 資源エネルギー化学
早期研究室
配属プログラム
   
  • 化学セミナーⅠ
  • 化学セミナーⅡ
  • 化学特別実験
専門関連科目
  • 化学基礎実験
  • 物理学基礎論Ⅰ
  • 物理学基礎実験
  • 生物学基礎論Ⅰ
  • 生物学基礎論Ⅱ
  • 生物学基礎実験
  • 地学基礎論Ⅰ
  • 地学基礎論Ⅱ
  • 地学基礎実験
  • 地球型惑星の歴史と物質科学
  • 化学入門Ⅰ
  • 化学入門Ⅱ
  • 物理学基礎論Ⅱ
  •                       
  • 物理学基礎実験
  • 教職のための化学
入門科目
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門生物
   
教員養成プロジェクト
関連科目
 
  • 教職基礎演習
  • 教職のための物理
  • 野外実践指導実習Ⅱ
  • 理科教材開発指導
  • 授業実践演習
  • 教職のための地学
  • 教職のための生物

化学実験

担当教員若松 寛、佐藤 泰史、大坂 昇、山田 真路

化学に深く関わるための実験方法を学ぶ

化学実験のおもしろさを体感した1年次から一歩踏み込み、さらに化学に深く関わるために必要となる基礎的な実験操作や結果の解析法を身につけます。具体的には試料の定量分析、物理量の測定、無機化合物や有機化合物の合成実験など。コンピュータによる実験データ解析についても学びます。

化学実験

安全化学

担当教員岩永 哲夫

化学物質の安全な取り扱い方などを学ぶ

化学物質は引火性、爆発性、毒性など危険な性質をもっています。専門的な化学実験を安全に行えるよう、化学物質の取り扱い方や、実験操作の基本および化学・環境関連の法律を学習。講義内容の一部は「危険物取扱者」「毒物劇物取扱責任者」の資格にも関連しているため、取得を希望する学生の受講も多く、毎年合格者を出しています。

安全化学

時間割例

例 1) 2年次秋2

  • バイオ有機薬品コース。早期研究室配属プログラムを選択し、3年次履修科目(有機反応化学・錯体化学)を2年次に学習する場合のモデル。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
    • 【青字】教養教育科目
      MON TUE WED THU FRI
    1時限 バイオ有機化学/td> エネルギーの化学 バイオ有機化学 物理化学演習 無機化学演習
    2時限 物理化学演習 錯体化学   総合英語Ⅳ 錯体化学
    3時限 有機反応化学   化学実験 有機反応化学 エネルギーの化学
    4時限 無機化学演習   化学環境論 日本史
    5時限 倫理と宗教      

    例 2) 3年次秋1

  • 環境分析コース。教員免許状の取得をめざす場合は、専門科目のほか、教職課程の履修が必要となる。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
    • 【青字】教養教育科目
                 
      MON TUE WED THU FRI
    1時限 柔らかい分子系の化学   鑑識の化学   
    2時限     柔らかい分子系の化学 生涯スポーツⅠ  
    3時限 専門英語Ⅱ 有機化学実験 道徳教育の理論と方法 プレゼンテーションⅢ 有機化学実験
    4時限     インターンシップ
    5時限 理科教材開発指導   教育実習事前・事後指導

    ※カリキュラムは年度により変更になることがあります。