学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
医療の進歩には、工学の力が欠かせません。そのため医療の現場では、医学や生物学の知識を備えたうえで、高性能な機器や装置の開発、設計、製造および操作が可能なエンジニアが求められています。本学科では医学・生物学と工学の融合領域を広く学び、人工臓器や超音波診断装置といった医療機器の「開発」「使用」両面について習得。近年注目の再生医療に関連する技術の開発や基礎研究について学び、工学的問題解決能力を身につけます。また産学連携にも積極的に取り組み、医療機器を操作する専門職である臨床工学技士の資格取得をめざした教育も実施。最新医療機器にいち早く対応し、チーム医療に貢献できる人材を育成します。

生命医療工学科 3つのポイント

POINT.1
工学と医学・生物学の融合領域を幅広く学ぶ
POINT.2
工学、医学の基礎知識から最先端の研究開発までを学ぶ
POINT.3
臨床工学技士として、医療の現場で活躍できる
生体工学コース
診断機器・治療機器や人工臓器といった生体医工学の科目を履修。CTやMRIなどの画像診断装置、人工透析装置や人工関節などの医療機器の製造や開発に取り組む専門家をめざします。
臨床工学コース
臨床工学技士国家試験の受験資格の取得が可能な科目を履修。併設の医用科学教育センターにおける生体医工学実習や、病院などの医療現場における臨床実習が含まれます。
再生医療コース
生体の基礎的な知識である生物学、解剖学、生理学を学んだ後、重い疾患で機能不全に陥った生体組織や臓器の再生に欠かせない分子生物学・生命工学・細胞操作技術など再生医療工学について履修。再生医療に必要な知識と技術を身につけます。

※2年次より希望に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

基礎を学びながら、進路選びの準備を進める

理学、工学、医学に関する基礎的な科目を学びます。これらの学習を通して、コース選択や、将来の研究分野および進路選びの準備をしていきます。2年次終了時に、希望に応じて、生体工学、臨床工学、再生医療の3コースに分かれます。
2年次〜
3年次

生体工学、臨床工学、再生医療の3コースから選択

生体工学コースは「生物・化学・環境」、「機械・材料」、「電気・電子・情報」の3分野から興味のある科目を選択し、CT、MRIなどの医療機器、人工関節といった人工臓器の開発をめざします。
臨床工学コースでは、臨床工学技士国家試験の受験に必要な科目を学び、医用科学教育センターで実際の医療機器を用いた実習にも取り組みます。
再生医療コースでは、分子生物学・生命工学・細胞操作技術などを中心とした再生医療工学を学びます。
4年次

卒業研究に取り組む/国家試験に向けて準備

生体工学・再生医療コースでは、実際に現代医療の課題となっている遺伝子、人工臓器、診断・治療機器、バイオメカニクス、環境計測などをテーマにした卒業研究に取り組みます。臨床工学コースでは、病院実習に取り組みつつ、臨床工学技士国家試験受験に向けた準備を進めます。