学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
生物の進化とともに変貌を遂げてきた地球環境。宇宙や地球深層部への理解も進んでいます。本学科ではそれらすべてが学びの対象。フィールドで観察し、手で触れて調査し、実験や体験から得られた情報の分析を通して、学生自身が課題を発見して解決を図る能力を養成します。より学びを深めるため「植物・園芸学」「動物・昆虫学」「地理・考古学」「地球・気象学」「天文学」「恐竜・古生物学」の6コースを用意。複合的に広く学ぶことも可能です。卒業後は環境、地域、気象の専門家として企業、自治体などでの活躍が期待されています。教員や博物館学芸員など資格取得のバックアップにも力を入れています。

生物地球学科 3つのポイント

POINT.1
フィールドワークを重視し、野外活動の時間を大幅に確保
POINT.2
理系から文系まで幅広い分野を総合的に学べる
POINT.3
専門性の高い6コースを用意、サブコースの選択も可能
植物・園芸学コース
植物生態学や系統分類などを野外調査から遺伝子解析まで多彩な手法で習得。園芸学では岡山の果樹について学びます。
動物・昆虫学コース
魚類やウミガメなどの水生動物、昆虫、魚類化石を対象に、環境との関係、生態学、行動学、進化などについて探究します。
地理・考古学コース
自然・社会の仕組みを地図化して分析する地理学と、遺跡を発掘して分析する考古学について学習。理系の分析技術と文系知識を融合した学びが可能です。
地球・気象学コース
フィールドワークをメインに、地球の自然の現在と過去を研究。大気や地質のほか、洪水や土砂災害などさまざまな分野が対象です。
天文学コース
「晴れの国岡山」の地の利をいかした観測実習および天文台などと協力体制をとって本格的な観測に取り組みます。
恐竜・古生物学コース
発掘調査によって採取された恐竜・哺乳類の骨、歯の実物化石や、化石を含む地層を研究対象に、生物の進化やダイナミックな地球環境の変遷を探ります。

※3年次よりコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

各分野への興味を育て、基礎学力を強化

「生物地球概論」、「エコ・ツーリズム技法」などの基礎科目を通じ、植物・園芸学、動物・昆虫学、地理・考古学、地球・気象学、天文学、恐竜・古生物学の概要を習得。各分野への興味を育みつつ基礎学力を伸ばします。また、コンピュータ技術も学びます。
2年次

専門科目を中心に知識を増やす

「生物学実習」、「地理考古学基礎実習」、「天文地学実習」の選択必修科目から1つまたは複数を選択し、各系統の知識と分析技術を深く学びます。選択科目「野外調査法実習Ⅱ」ではフィールドワークを体験、データ解析、レポート作成にも取り組みます。
3年次

コースに分かれて専門科目で応用力を身につける

進路や興味に応じて6つのコースから1つを選び、より専門性の高い知識や技術を習得します。さらにサブコースの設定も可能です。選択科目の「野外博物館実習」をはじめ必要な科目の単位を履修することで博物館学芸員の資格を取得できます。
4年次

研究室を選び、卒業研究に取り組む

20ある研究室の中から希望の研究室を選んで所属し、卒業研究に取り組みます。フィールドワークや実際の研究を通して知識を深めるとともに、自ら考えた研究テーマに基づいて学び、将来の就職や研究にいかせる経験を積んでいきます。