学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 機械工学

    材料、流体、機械、熱という4力学に加え、計測制御、機械製図、機械加工など、ものづくりに必要な知識と技術を習得する。
  • 情報工学

    高度なロボットシステム構築のために不可欠なソフトウェアについて、C言語やアルゴリズムなど基礎と応用の力を習得する。
  • ユニバーサルデザイン

    年齢や障がいの有無に関わらず、あらゆる人が共用できる人間中心設計の理念を学び、機械システムの設計や評価の方法を習得する。
  • 電気・電子工学

    ロボット製作に不可欠な科学技術で、社会生活の基盤でもあるアナログとデジタル両方の基礎的な回路設計の方法を習得する。
  • 福祉人間工学

    あらゆる人にとって快適の基本となる人間工学を学び、使う人の立場を考えた生活支援機器の設計や評価の方法を習得する。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【青字】選択必修科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通
  • 物理学実験
  • 力学
  • 情報リテラシー
  • コンピュータリテラシー
  • 電磁気学
  • 解析学Ⅰ・Ⅱ
  • 線形代数
  • 物理学Ⅰ・Ⅱ
  • 応用数学Ⅰ
  • 応用数学Ⅱ
  • プログラミング演習
 
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目 共通
  • 機械製図Ⅰ
  • 人間工学
  • ロボットシステムセミナー
  • アミューズメント工学セミナー
  • 加工学
  • 材料力学Ⅰ
  • 材料力学Ⅱ
  • 流体力学Ⅰ
  • 流体力学Ⅱ
  • ロボット運動学
  • 知能情報処理
  • ディジタル電子回路
  •  
  • アナログ電子回路
  • 熱力学
  • 数値計算法
  • 機械力学
  • 機械製図Ⅱ
  • 生活支援工学
  • 機械加工実習
  • 制御工学Ⅰ
  • 制御工学Ⅱ
  • 知能機械工学実験Ⅰ
  • 知能機械工学実験Ⅱ
  • 知能機械工学実験Ⅲ
  • ロボットダイナミクス
  • ユニバーサルデザイン
  • ユニバーサルデザイン
  • アドバンストセミナー
  • 材料工学
  • センサ工学
  • データ解析
ものづくり
実践科目
  • 機械創造工学Ⅰ
  • 機械創造工学Ⅱ
ロボット
システムコース
   
アミューズメント工学コース    
専門関連科目 共通
                             
  • 工業デザイン
  •                          
  • 化学実験
上級科目 共通
  • 上級数学Ⅰ
  • 上級数学Ⅱ
   
入門科目 共通
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門化学
  • 入門生物
   

ロボット運動学

担当教員藤本 真作

ロボットの運動について考察する

ロボットの運動について理解するために、運動学の基礎を学びます。ロボットマニピュレータ(人間の手などと同等の機能を持ったロボット)やロボットの脚を具体例として取り上げて考察。運動学は運動に関する学問ですが、運動を起こす力は考慮せず、ロボットの位置(速度・加速度)と、姿勢に関する静的な運動を取り扱います。

ロボット知能化演習

ロボット知能化演習

担当教員赤木 徹也、久野 弘明、山田 訓、小林 亘

知能ロボット製作へのステップアップ

ロボットを制御する能力の養成に重点をおき、ロボット知能化の演習課題に取り組みます。移動制御をプログラミングし、距離センサで周りの状況を認識して移動するロボットを製作。赤外線センサの情報に基づいて光源位置を探索することで迷路を移動させるという、ロボット制御の第一歩を体験します。

ロボット運動学

履修モデル

例 1) 1年次春2

  • 機械工学を学ぶうえで重要な数学や物理学の基礎を養うとともに、「ロボットものづくり体験演習」などの授業で、ものづくりに必要な設計や製作の基礎技術を培う。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
                                                                                     
      MON TUE WED THU FRI
    1時限物理学Ⅱ 発信英語Ⅰ情報リテラシーフレッシュマンセミナー総合英語Ⅰ
    2時限解析学Ⅰ 人間工学   物理学Ⅱ 人間工学
    3時限   生涯スポーツⅠ ロボットものづくり体験演習学びの基礎論B  
    4時限   機械製図Ⅰ実用英語  
    5時限        

    例 2) 3年次秋1

  • 機械工学の専門知識を深めつつ、協働して機械を設計・製作(加工)・制御できる技術を習得。「ロボット制御工学」「バーチャルリアリティ」など、各コースの専門科目も履修する。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
                                                                                     
      MON TUE WED THU FRI
    1時限バーチャルリアリティ   専門英語 ロボット制御工学アミューズメントコントローラ
    2時限ロボット制御工学  アミューズメントコントローラ  バーチャルリアリティ
    3時限 技術マネジメント   知的制御システム論アドバンストセミナー 機械創造工学Ⅱ
    4時限   知能機械工学実験Ⅱ   知的制御システム論
    5時限       

    ※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

    • ページトップへ