学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
ロボット・メカトロニクス技術は、暮らしに必要な製品のほとんどに使われています。本学科で身につくのは、暮らしを快適にするために欠かせない、あらゆるものづくりの現場で役立つロボット・メカトロニクス技術。「ロボットシステムコース」「アミューズメント工学コース」の2コース制で、ロボットを中心とした機械の設計・製作および電気や情報についても履修。総合的に製品づくりができる技術者をめざします。各学年で開催されるロボットコンテストで、実践的なものづくりを学び、初心者でも機械(ロボット)を協働して設計・製作できる能力を習得します。さらに使う人の立場を考えたユニバーサルデザインや人間工学についても学習します。

知能機械工学科 3つのポイント

POINT.1
協働して機械を設計・製作(加工)・ 制御できる自律した技術者を育成
POINT.2
理工学の初心者にも対応した教育環境。 機械工学を中心に電子工学や情報工学も学習
POINT.3
社会人として必要な素養を伸ばす。 大学院進学を推奨。
ロボットシステムコース
機械工学、電気工学などのハード、情報工学などのソフトを中心に、ロボット製作の知識と技術をバリエーション豊かに学び、暮らしの中で役立つロボットの創造をめざします。ロボットシステムのための基礎的な知識や設計技術に加え、ソフトに基づいたシステム構築のための情報技術を習得することで、将来はロボットをはじめ、多様な電子機器を開発する技術者や研究者としての道がひらけます。
アミューズメント工学コース
人の動きを解析するモーションキャプチャーや、人と機械の間で情報をやりとりするコントローラーなど、ヒューマンインタフェース技術を中心に学びます。機械、電子、情報の基礎的な知識と技術に加え、今後の電子機器の一翼を担う技術となりうるヒューマンインタフェースを習得することで、将来はアミューズメント業界だけでなく、家電品・産業機械などの電子機器を開発する技術者や研究者としての活躍が見込めます。

※3年次より希望に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

数学、物理学といった工学系の基礎を固める

基礎科目については高校での履修状況に応じたクラスを編成し、各学生の習熟度を把握しながら講義を実施します。「ロボットものづくり体験演習」などでは実践面も重視。携帯電話に使われる振動モータを用い、移動できるロボットをチームで製作し、コンテストも実施します。
2年次

機械工学など専門基礎分野を学ぶ

講義と実験・実習を通して、ハードとソフトを幅広く学びます。秋学期の実践科目「ロボット知能化演習」では移動制御プログラムを使い、赤外線センサで周囲の迷路を自主的に探索できるロボットをチームで製作。コンテストも実施します。
3年次

コースの方向性に沿った専門分野を学ぶ

「ロボットシステムコース」「アミューズメント工学コース」のいずれかを選択。各コースの専門科目を学び、自らの研究分野を見つけます。秋学期には、将来の目標に合った研究テーマから研究室を選択。卒業研究に向けてプレゼミがスタートします。
4年次

特定分野のテーマに基づき卒業研究に取り組む

選択した研究室の分野に基づいてテーマを決め、調査や実験などを重ねながら卒業研究を進めます。他分野との合同ディスカッションや研究発表会などを通じ、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、デザイン能力、問題解決能力なども身につけます。