学科オリジナルサイトへ

学ぶ領域・分野

  • 建築計画

    現代社会で変化する建築空間の在り方と利用者の要求を分析し、統合した建築をつくる基礎知識を習得する。
  • 建築意匠

    建築デザインを実践するうえで求められる技術、形態、素材などの基礎的知識や手法を実際の建築作品を交えて学ぶ。
  • 建築環境

    暖かさ、明るさなど五感で環境を良好に保ち、地球環境への負荷も少ない建築や、都市に必要な理論と設計法を学ぶ。
  • 施工

    建物の企画から維持管理まで各工事で使用する材料、工法、施工管理のポイントを、実地体験も取り入れながら学ぶ。
  • 建築史

    日本の建築史を中心に、建築の歴史的変化の理由を社会変動と比較。これからの建築や都市を文化として考える能力を学ぶ。
  • 構造

    建物自体の重さと地震や台風など、自然の力に対して安全な建物を設計するための理論と手法を、体感重視で学ぶ。
  • 建築設備

    建物と一体的につくられる建築設備をシステムとして捉え、環境に配慮した設備を設計するための理論と設計法を学ぶ。

カリキュラム

下線はWEBシラバスへリンクします。【黒字】選択科目 【赤字】必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通
  • 代数学Ⅰ・Ⅱ
  • 解析学Ⅰ・Ⅱ
  • 情報リテラシー
  • 物理学Ⅰ・Ⅱ
   
  • 特別研究
  • 構造計画(建築工学コース)
  • 設計演習Ⅵ(建築工学コース)
  • 建築環境設計演習(建築工学コース)
  • 建築設備設計演習(建築工学コース)
  • 建築経済・経営(建築工学コース)
  • 設計方法論(住デザインコース)
専門科目 共通
  • 建築概論
  • 設計演習Ⅳ
  • 都市計画
  • 西洋建築史
  • 近代建築史
  • 建築デザイン論
  • 木質構造
  • 耐震・耐風設計
  • 技術者倫理
  • 学外研修
建築工学
コース
  • 建築設備Ⅰ
  • 建築計画
  • 日本建築史
  • 設計演習Ⅱ
  • 設計演習Ⅲ
  • 構造力学Ⅲ
  • 構造力学Ⅳ
  • 建築環境工学Ⅱ
  • CAD/CG演習Ⅰ
  • CAD/CG演習Ⅱ
  • ハウジング
  • 鋼構造
  • 建築基礎構造
  • 鉄筋コンクリート構造
  • 建築構造材料実験
  • 建築設備Ⅱ
  • 環境設備工学演習
  • 設計演習Ⅴ-1-2
住デザイン
コース
専門関連科目 共通
  • 化学実験
上級科目 共通
  • 上級数学Ⅰ・Ⅱ
   
入門科目 共通
  • 入門数学
  • 入門物理
   

設計演習 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ-1・2・Ⅴ-1・2・Ⅵ

担当教員江面 嗣人、後藤 義明、平山 文則、李 明、弥田 俊男、松下 大輔 他

設計の基礎から実技まで段階的に追究

一級建築士受験資格の指定科目。1年次のⅠはプレゼンテーション能力や建築設計図技能などの基礎を学びます。2年次のⅡとⅢではそれぞれ2つの課題から空間構成や模型製作の技術を習得。3・4年次のⅣとⅤとⅥから選択科目となり、複合施設などより機能が複雑な建物の図面や模型を完成させ応用力を培います。

設計演習 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ-1・2・Ⅴ-1・2・Ⅵ

建築環境工学 Ⅰ・Ⅱ

担当教員中山 哲士

自然エネルギーを快適環境の創造につなぐ

安心・安全な環境を作り、快適で豊かな生活を実現するためには、さまざまな工夫で気候の変化から室内を守る必要があります。Ⅰでは光、音、振動、Ⅱでは熱と空気について、その性質をいかし、コントロールするための計画法、計算法、対策などを習得。自然エネルギーを有効に利用し、省エネルギーで環境に優しい建築をめざします。

建築環境工学 Ⅰ・Ⅱ

履修モデル

例 1) 2年次

  • 「設計演習Ⅲ」や「構造力学Ⅳ」などを学び、一級・二級建築士の国家資格取得を念頭に置きながら、建築全般的な知識と教養の習得をめざしたモデル。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
                                                                                       
      MON TUE WED THU FRI
    1時限     
    2時限 総合英語Ⅲ CAD/CG演習Ⅱ ハウジング 建築設備Ⅰ 建築生産
    3時限 環境と社会 企業と人間設計演習Ⅲ構造力学Ⅳ 比較文化論
    4時限   日本建築史   
    5時限        

    例 2) 3年次春2

  • 建築工学コースを例としたモデル。「鉄筋コンクリート構造」など、より専門的な科目を学ぶほか、「インテリアデザイン・色彩学」など、建築の知識を広げる学びにも取り組む。
    • 【緑字】専門教育科目
    • 【赤字】外国語教育科目
    • 【茶字】教養教育科目
                                               
      MON TUE WED THU FRI
    1時限   都市計画    
    2時限都市計画インテリアデザイン・色彩学 鉄筋コンクリート構造インテリアデザイン・色彩学 鉄筋コンクリート構造
    3時限 技術マネジメントB 近代建築史 設計演習Ⅳ-2 近代建築史  
    4時限  木質構造   木質構造
    5時限        

    ※カリキュラムは年度により変更になることがあります。

    • ページトップへ