学科オリジナルサイトへ
学科HPトップページ
建築とは、工学と芸術が融合した新たな文化の創造です。地球環境の維持などの問題解決も視野に入れ、使う人、暮らす人の視点で多様なニーズに応える知識・技術の習得をめざします。学内施設を使った環境や構造の実験、建築構造材料実験に関連した企業との共同実験など「自らの手で触れ、感じる教育」を重視。建築士の受験資格取得をカリキュラムでサポートしたり、希望の進路に応じて「建築工学コース」、「住デザインコース」の2つに分かれて専門性を高めるなど、実践的な学びが充実しています。

建築学科 3つのポイント

POINT.1
建築関係の官公庁や企業への高い就職率
POINT.2
一級建築士の受験資格取得に必要なすべての科目が履修できるカリキュラム
POINT.3
耐震性能や快適環境研究のための先端的実験設備
建築工学コース
計画、構造、環境・設備の3分野から1つを選び、必要な理論・技術を深く学習。原理や知識を学び、演習を通してより習熟した建築やシステムの設計にいかす力を養う「環境設備工学演習」、建物の構造設計の基本計画から実施設計までを実務的に学ぶ「構造計画」、都市居住者と建物と都市の関連性を整理してまとめる「設計演習Ⅴ」といった科目で、専門性の高い建築技術を身につけます。
住デザインコース
建築全般を幅広く学びます。特に「住環境ユニバーサルデザイン」、「インテリアデザイン」、「住宅デザイン論」といった住環境を対象にしたデザインについて深く学び、住環境を総合的に設計する技術を習得。人間が居住し、活動する場としての都市環境のデザイン方法の基本を「環境デザイン」で学び、住民主体のまちづくり、地域活性化、環境問題などに配慮した都市における建築の在り方も追究します。

※3年次より希望・成績に応じてコースを選択します

4年間の学びの流れ

1年次

建築学全般の基礎知識を身につける

建築を計画するプロセス、建築の工法、建築を構成する材料や設備など、建築全体についての概要を学びます。建築学において必要となる基礎知識であるため、専門科目のほとんどが必修科目となっています。チューターによる履修指導があるので、1年次から長期的な視野をもってカリキュラムを選択できます。
2年次

建築士受験指定科目を中心に基礎を固める

建築設計製図や建築計画に対応する計画系科目、建築環境工学や建築設備に対応する環境・設備系科目、構造力学や建築一般構造に対応する構造系科目などを履修します。建築は各分野の技術者が共同・連携してつくり上げるという観点から、他系統の知識も同時に深めます。
3年次

コースに分かれて専門性を深める

1~2年次で身につけた基礎をもとに、3年次では「建築工学コース」または「住デザインコース」に分かれ、専門性の高い知識や技術を習得します。いずれのコースでも実践的な科目が充実しています。自ら取り組んだ体験を通して、4年次の卒業研究・卒業設計や将来の進路につながるよう、専門性を深めます。
4年次

卒業研究・卒業設計で専門性を磨く

進路を視野に入れたテーマを選び、卒業研究・卒業設計に取り組みます。地域に密着した教育・研究も多いのが特徴です。少人数制なのできめ細やかな指導が受けられます。建築分野の将来展望について考えるなど、実務に関わる授業も履修できます。